ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > スマイルエイジング > こころの相談窓口

本文

こころの相談窓口

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、「仕事がなくなった(なくなりそう)」、「収入が途絶えた(減少した)」「住まいを失いそう」、「家族がいつも家にいる状況でストレスを感じる」、など生活面の様々な苦労や生活が立ち行かなくなることへの不安など、非常に多岐な悩みが増えています。
 こうしたさまざまな生活上の悩みや不安を抱えている方の中には生きるのがつらい、もういっそのこと消えてしまいたい・死んでしまいたいといった気持ちを抱くまでに、追い詰められている方も少なくないはずです。
 全国には悩みの内容によって様々な相談窓口があります。悩みを抱えるご本人、ご家族、周囲の人の相談を受け付けています。

こころのストレスをチェックしましょう

ストレスを過度にためず、うまくつきあっていくには、まずストレスの状態を知ることが大切です。
最近よく眠れない、食事がおいしく食べられない、そんなときは下記のサイトでストレスの状態をチェックしてみましょう。

みんなのメンタルヘルス総合サイト(厚生労働省)

こころのストレスを感じたら

決まった時間に寝る、食べる、着替える、ストレッチをするなど、毎日の基本的な生活リズムを崩さないように心がけましょう。
情報の集めすぎはストレスになります。新しい情報に触れるのは1日2回におさえましょう。
心配事や不安に思っていることを書き出してみましょう。「こころのモヤモヤ」を言葉にすることで、気持ちが少し楽になることがあります。
友人や親族などとの会話で気持ちを伝えてみましょう。直接会えないときは、電話、チャットなどを利用するのもよいでしょう。

直感的に、なんとなく様子が「あれ?」「おかしいな?」と思うことがありませんか?

身なり

服装や、持ち物、髪型が乱れ、汚れている
季節や場にそぐわない格好をしている

視線や表情

目が泳いでいる、焦点が定まらない
思いつめたような表情をしている
今にも泣きだしそうである
表情に乏しい

姿勢や態度

うなだれている、明らかに元気がない
覇気がない、生気がない

話し方

話の内容と声のトーンがちぐはぐである
こちらの呼びかけに対する反応に乏しい
話の辻褄が合わない、混乱・錯そうしている

体調

食事はとれているかどうか
夜は眠れているか
その他の身体の不調はないか(ひどい頭痛、倦怠感、疲労感、胃痛、下痢など)

その他の確認事項

家族に相談できているかどうか
行政等の相談機関に相談しているかどうか
経済的に生活が立ち行かなくなりそうかどうか

相談窓口等

新型コロナウイルス感染症対策関係相談窓口

新型コロナウイルス感染症対策 支援情報ナビ(内閣官房)はこちら

よりそいホットライン

年中無休・24時間対応
電話番号0120-279-338

よりそいホットラインホームページはこちら

こころの健康相談統一ダイヤル

相談対応の曜日・時間は都道府県によって異なります
電話番号0570-064-556

厚生労働省・こころの健康相談統一ダイヤルに関するホームページはこちら

法テラス・サポートダイヤル ※法的トラブルの解決に役立つ法制度や、相談窓口のご案内

平日9~21時、土曜日9~17時
電話番号0570-078-374
メールは24時間受付

法テラスのホームページはこちら

金融サービス利用者相談室

平日10~17時
電話番号0570-016-811
電話、ファックス、Web、文書(郵便)による相談にも対応

金融庁・金融サービス利用者相談室に関するホームページはこちら
 

子供のSOSの相談窓口

受付時間や相談日等は実施団体によって異なります

文部科学省・子供のSOSの相談窓口に関するホームページはこちら

DV相談+(プラス)

電話、メール、24時間受付チャットによる相談に対応しています
電話番号0120-279-889
チャット12時~22時

DV相談+(プラス)のホームページはこちら

厚生労働省SNS相談

受付時間や相談日等は実施団体によって異なります

厚生労働省・SNS相談に関するホームページはこちら

厚生労働省支援情報検索サイト

悩み別、方法別、地域別に相談窓口を検索できます

厚生労働省・自殺対策支援情報検索サイトはこちら

山陽小野田市にお住まいの方の相談窓口

  • 山陽小野田市健康増進課 電話番号0836-71-1814
  • 宇部健康福祉センター 電話番号0836-31-3203
  • 山口県精神保健福祉センター 電話番号083-901-1556