ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ひきこもり相談支援

山陽小野田市では「家から出ない」「親と口を聞かない」「ゲームばかりしている」「何を考えているかわからない」「将来が不安」などとひきこもりで悩んでおられるご本人、ご家族の相談支援を実施しています。
相談は精神保健福祉士、保健師、看護師等の専門職およびひきこもりサポーターが連携してサポートします。
相談内容の秘密は守ります。
事業の実施主体は山陽小野田市です。
事業の運営は「NPO法人ふらっとコミュニティひだまり」に委託しています。

相談支援機関

NPO法人 ふらっとコミュニティひだまり

住所:宇部市海南町2番58-1
電話・Fax 0836-21-1552(事前予約)
理事長 山口大学大学院医学系研究科 山根俊恵教授

ふらっとコミュニティパンフレット [PDFファイル/2.1MB]

対象

ひきこもり・不登校で困っている方、その家族、支援者

開所日

月・火・水・木・金曜日  9時から17時
土曜日           10時から16時

NPO法人ふらっとコミュニティひだまりホームページはこちら
https://www.flatcommunity.net/

メールアドレスはこちら
f-hidamari@juno.ocn.ne.jp

利用料金

ひきこもり対象者が山陽小野田市民の場合は無料

事業内容

個別相談(要予約)

  • ひきこもりに関する当事者や家族、関係機関等の相談受付
  • 「ひきこもり状態」に応じて個別の対応方法、支援方法の助言や関係機関の紹介
令和4年度 相談会 開催日時

   時間はいずれも 平日10:00~16:00 土13:00~16:00

相談会開催日
2022年6月23日(木)25日(土)
7月13日(水)23日(土)
8月25日(木)27日(土)
9月22日(木)24日(土)
10月20日(木)22日(土)
11月18日(金)26日(土)
12月13日(火)24日(土)
2023年1月6日(金)21日(土)
2月21日(火)25日(土)
3月7日(火)25日(土)

 

家族心理教育

ひきこもり家族心理教育基礎編・実践編 (詳細はお問合せください)

  ひきこもりは『関係性の病』とも言われています。まずは家族が社会から孤立することなく、支援者や家族会とつながり、気持ちが楽になることが大切です。そして、叱咤激励の圧力や先回りでない、ポジティブな対応方法を学ぶことで、家族の関係性は必ず変化します。まずは、家族が一歩を踏み出し、共に学びましょう。

【基礎編】 

  ・対象:子どものひきこもりで困っている家族 10家族程度、支援者 

  ・場所:NPO法人ふらっとコミュニティひより(山口市小郡船倉町3-11)

  ・対応:山口大学大学院医学系研究科 教授 山根俊恵

  ・参加料:一人 25000円(書籍・資料代込み)(事前に徴収予定)

日程と内容

第1回

令和4年8月19日(金)10:00~12:00

ひきこもりのメカニズムや生きづらさを理解しよう
第2回

令和4年8月19日(金)13:00~15:00

「対話」のあり方について理解しよう
第3回

令和4年8月20日(土)10:00~12:00

問題と感じる行動(暴力など)を振り返り、その方法を理解しよう
第4回

令和4年8月20日(土)13:00~15:00

ポジティブコミュニケーション・好ましい行動を増やす方法を理解しよう
第5回

令和4年8月21日(日)10:00~12:00

先回りをやめて、子どもとしっかり向き合う方法を理解しよう
第6回

令和4年8月21日(日)13:00~15:00

これからの対応方法を一緒に考えよう(元ひきこもり者の話など)

                         

   ・申込先:NPO法人 ふらっとコミュニティひだまり TEL 0836-21-1552

    ・月~金 :9:00~17:00

第15回ひきこもり家族心理教育基礎編チラシ [PDFファイル/177KB]

第15回ひきこもり家族心理教育基礎編申込書 [PDFファイル/353KB]

ひきこもり家族心理教育基礎編チラシひきこもり家族心理教育基礎編申込書

【実践編】 原則として、ひきこもり家族心理教育・基礎編(6回プログラム)修了者 

       月5回 (平日・土日) 2時間程度 

【家族会】 月1回 13時30分~15時

ひきこもり者の訪問(アウトリーチ)

  • 必要に応じて、訪問を行い個別支援を行います
  • アウトリーチ開始後も状況に応じて家族面接を継続します

居場所の設置

  • 社会復帰の始まりとして、自宅以外の安心して過ごせる居場所を提供します
  • 居場所では、必要に応じて心理テスト、認知行動療法、SST(社会生活技能訓練)を行い、自己効力感や肯定感を高めるような支援を行います

関連リンク

ひきこもりに関する情報はこちら

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)