ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > スマイルエイジング > 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)キャッチアップ接種および償還払い

本文

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)キャッチアップ接種および償還払い

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)キャッチアップ接種について

 平成25年6月に国の方針で、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)の積極的勧奨の差し控えにより接種の機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、令和4年4月1日から対象者にキャッチアップ接種を行うことになりました。

キャッチアップ接種の対象者

◎積極的勧奨を差し控えていた間に定期接種の対象で、過去にワクチン接種を合計3回接種していない方です。

ワクチンは合計3回接種します。接種を初回からやり直すことなく、残りの回数の接種(2、3回目または3回目)を行います。

  ※ 今後、対象となる方には8月から個別通知を行います。

  

対象者に該当する生年月日

   公費(無料)での接種期間  

  平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれで、過去

にワクチンの接種を合計3回受けていない女性

令和4年4月~令和7年3月まで   

    キャッチアップ接種リーフレット [PDFファイル/MB]]

    ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~

 

ワクチン接種の効果

     近年、若い女性の子宮頸がんが増えています。子宮頸がんのほとんどは、ヒトパピローマウイルスというウイルス

   感染が原因であることが明らかになっています。子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は、子宮頸がんをおこしやすい

   タイプである16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぐと

   言われています。

接種間隔と回数

    ◎2価ワクチン(サーバリックス)

      標準的な接種間隔は、1回目の接種を受けた1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を受けます。

      ※この間隔での接種が困難な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から5か月

       以上かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて3回目の接種を受けます。

 

    ◎4価ワクチン(ガーダシル)

      標準的な接種間隔は、1回目の接種を受けた2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を受けます。

      ※この間隔での接種が困難な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種し、2回目の接種から3か月

       以上の間隔をおいて3回目の接種を受けます。

   ※ワクチンは上記のとおり、2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)の2種類が公費負担となります。

     原則、同じ種類のワクチンを接種してください。

   ※過去に接種したワクチンが不明な場合で、医療機関や自治体等から、どちらのワクチンを接種したかの情報が得

    られない場合は、医師とどちらのワクチンを選択するかを相談し、接種を再開してください。 

新型コロナワクチン接種との間隔のあけ方

     新型コロナワクチンとの接種間隔は、2週間以上あけてください。

料金

     公費(無料)です。

持ってくるするもの

     母子健康手帳、予防接種予診票(保健センター、ココシエ、市内の接種医療機関においてあります)

予防接種を受けられる医療機関

   市内の接種医療機関 [PDFファイル/65KB]

   ※必ず、事前に接種医療機関へ連絡してください。   

 

すでに任意接種(実費)をされている方へ

償還払いの対象者  

  平成9年4月2日から平成17年4月1日に生まれた女性で、以下のすべての条件に該当する方

    1.令和4年4月1日時点で山陽小野田市に住民票登録がある  

(注意)令和4年4月2日以降に山陽小野田市へ転入された方は、令和4年4月1日時点で住民票登録があった

     自治体にお問い合わせください。

    2月16日歳になる日の属する年度(高校1年相当)の3月31日までに3回接種を完了していない

    3月17日歳になる日の属する年度(高校2年相当)の4月1日から令和4年3月31日までにHPVワクチン

      (2価・4価ワクチン)の任意接種を受け、実費を負担した

    4.償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない

助成額

  支払われた予防接種の費用のうち、市が定めたワクチン委託単価を上限として、費用を払い戻します。

必要書類

 窓口または郵送で受付します。郵送の場合は、山陽小野田市健康増進課へ送付をお願いします。

  ① 山陽小野田市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種助成金申請書(様式第1号) [PDFファイル/222KB]

  ② 接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払い証明書など)

  ③ 接種記録が確認できる書類の写し(母子健康手帳「予防接種の記録欄」など)

 (注意)上記にあるとおり②、③の書類がない場合は、ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種助成金申請用証明書(様式第2号) [PDFファイル/88KB] を医療機関で証明してもらってください。

 

郵送での申請の場合は、以下の書類も同封してください。

  ④ 被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し(住民票、運転免許証、健康保険証等)

 (注意)申請者と被接種者が異なる場合は、双方のものが必要です。

  ⑤ 振込希望先金融機関の通帳またはキャッシュカードのコピー(口座番号など確認用)

  

申請期限

 令和7年3月31日まで(郵送の場合は必着)

申請窓口・問合せ先

 山陽小野田市健康増進課

 〒757-8634 山陽小野田市大字鴨庄94番地

 ℡:0836-71-1815 FAX:0836-39-5624

 E-mail:hokenc@city.sanyo-onoda.lg.jp

 時間:8時30分~17時15分

 休館日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

 

子育て世代包括支援センター・ココシエ(スマイルキッズ内)

〒756-0080 山陽小野田市くし山一丁目4番3号

℡:0836-82-2526

時間:8時30分~17時15分

休館日:水・日曜日(第1日曜日は開館)、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

  

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)