ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > スマイルエイジング > 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)キャッチアップ接種について

本文

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)キャッチアップ接種について

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)キャッチアップ接種について

 平成25年6月に国の方針で、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)の積極的勧奨の差し控えにより接種の機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、令和4年4月1日から対象者にキャッチアップ接種を行うことになりました。

キャッチアップ接種の対象者

◎積極的勧奨を差し控えていた間に定期接種の対象で、過去にワクチン接種を合計3回接種していない方です。

ワクチンは合計3回接種します。接種を初回からやり直すことなく、残りの回数の接種(2、3回目または3回目)を行います。

  ※ 今後、対象となる方には個別通知を行う予定です。

    

対象者に該当する生年月日

   公費(無料)での接種期間  

  平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれで、過去

にワクチンの接種を合計3回受けていない女性

令和4年4月~令和7年3月まで   

    キャッチアップ接種リーフレット [PDFファイル/MB]]

    ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~

すでに任意接種(実費)をされている方へ

 前記した対象者で、ワクチン接種を任意接種(実費)されている方の対応は現在、検討中です。詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

 

ワクチン接種の効果

     近年、若い女性の子宮頸がんが増えています。子宮頸がんのほとんどは、ヒトパピローマウイルスというウイルス

   感染が原因であることが明らかになっています。子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は、子宮頸がんをおこしやすい

   タイプである16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぐと

   言われています。

     

接種間隔と回数

    ◎2価ワクチン(サーバリックス)

      標準的な接種間隔は、1回目の接種を受けた1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を受けます。

      ※この間隔での接種が困難な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から5か月

       以上かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて3回目の接種を受けます。

 

    ◎4価ワクチン(ガーダシル)

      標準的な接種間隔は、1回目の接種を受けた2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を受けます。

      ※この間隔での接種が困難な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種し、2回目の接種から3か月

       以上の間隔をおいて3回目の接種を受けます。

新型コロナワクチン接種との間隔のあけ方

     新型コロナワクチンとの接種間隔は、2週間以上あけてください。

料金

     公費(無料)です。

持参するもの

     母子健康手帳、予防接種予診票(保健センター、ココシエ、市内の接種医療機関においてあります)

予防接種を受けられる医療機関

   市内の接種医療機関 [PDFファイル/65KB]

   ※必ず、事前に接種医療機関へ連絡してください。

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)