ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

江汐公園に健康遊具を設置しました

 令和3年11月5日、芳川裕昭様・芳川菊子様からのご寄附およびふるさと納税により、江汐公園に健康遊具を6基設置しました。

 これは、スマイルエイジングチャレンジプログラムに掲げる「運動を推進するための環境整備」の一つであるスマイルエイジングパーク事業として設置したものです。昨年度の須恵健康公園に続く第2弾となります。

 今回設置した種類は、主に筋力アップができる遊具としています。ぜひ、ご利用ください。

 また、江汐公園健康遊具小冊子 [PDFファイル/2.2MB]を作成しましたのでご活用ください。
 

設置場所

 江汐公園グリーン広場(江汐公園HPはこちら)

健康遊具の種類

①ぶらさがり

ぶらさがり写真 ―背筋・腹筋の強化―

 いずれかのパイプにぶら下がり、背筋を伸ばします。

 30秒から60秒が理想です。

 ぶら下がった状態で足を前に持ち上げ、腹筋運動をします。

 

 

 

 

②ジャンプタッチ

ジャンプタッチ写真 ―脚力・瞬発力の強化―

 ポールにある目盛りで、腕を真上に伸ばした時の高さを確認します。

 目標のパネルの下で、屈伸等準備してから垂直にジャンプし、タッチしたパネルの高さから最初に計測した高さを引くことでジャンプ力を測定することができます。

 

 

 

 

③腹筋ベンチ

腹筋ベンチ写真 ―腹筋の強化・足腰の柔軟性の向上―

 シートに座り、バーに足を掛け寝転がり腹筋運動をします。

 また、仰向けになりバーを両手で掴み、両足を揃えて曲げ伸ばしすることで体幹や腹筋を鍛えることができます。

 

 

 

 

④ショルダートレーニング

ショルダートレーニング写真 ―肩部の強化・ストレッチ―

 ベンチに腰掛け、両手でハンドルを握り、交互に上下運動を繰り返します。

 肩のストレッチに効果的です。

 

 

 

 

 

⑤サイクリングベンチ

サイクリングベンチ写真 ―脚部の強化―

  ベンチに腰掛け手すりを持ち、自転車に乗っているような感覚で前方のペダルをこぎます。

 ペダルを速くまわしたり、ゆっくりまわしたりすることで脚部の筋力増加を目指します。

 

 

 

 

⑥アームストレッチ

アームストレッチ写真 ―腕力・腹筋力の強化―

  自分の筋力にあったバーを両手でつかみ、腕立て伏せ運動をします。

  黄色のバーに足をかけ、腹筋運動をします。

 

 

 

 

 

注意事項

 ○健康遊具は大人を使用対象として作られたものです。

 〇お子様が使用する際は、大人の方が付き添ってください。

 〇お互いに譲り合って使用しましょう。

 〇運動しやすい服装と靴でご利用ください。

 〇体調に合わせて無理せず利用しましょう。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)