ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育総務課 > 教育委員会活動レポート(4月)

本文

教育委員会活動レポート(4月)

花壇コンクール審査

 

赤崎小

延寿会

教育委員会では、花づくりを通じた地域のつながりづくりをめざし、「花いっぱい運動」を実施しています。このたび、春の花壇コンクールの審査が終了し、受賞者が決まりました。審査では、現地に行って花壇の様子をみます。それらを記録したのち、意見を出し合って受賞者を決定していきます。

令和6年度春の花壇コンクール - 山口県山陽小野田市公式ホームページ (sanyo-onoda.lg.jp)

審査員からは「立派に花が育っていてうれしかった」「テーマをもって花壇づくりに取り組んでいる」「企業からの参加があるのがとてもよい」などの感想等が聞かれました。

秋にも花壇コンクールを開催します。ぜひ、多くの学校及び個人様、企業様のご参加をお待ちしております。

ピッカピカの一年生

 

入場

 

4月8日(月曜日)と9日(火曜日)に、市内小・中学校で入学式がありました。

ピッカピカの1年生の入学です。高泊小では、26人の1年生が6年生に手を引かれながら会場に入場しました。校長先生のお話では「ありがとうございます」「はい」という大きな返事。校長先生も「りっぱで安心です」とお話されていました。6年生の代表の児童からは「高泊小は楽しいこといっぱいです。困ったときは、いつでも頼ってください」と歓迎のあいさつがありました。

明日から、ピッカピカのランドセルを背負って、ウキウキ、ワクワクで学校に来てください。

始業式がありました

 

担任発表

校長先生のお話

4月8日(月曜日)市内小・中学校で始業式がありました。始業式の前には、新しく学校に来られた先生方の紹介、続いて担任紹介があり、子どもたちは大きな拍手を贈りました。

始業式では、令和6年度新しい学年の始まりに際して、校長先生からお話があります。厚狭小学校では、「伝わるあいさつをしよう、自分も人も大切にしよう、自分から学ぼう。この三つができるよう、先生たちと一緒に頑張りましょう」と子どもたちに校長先生が呼びかけ、「はい」という元気な返事で子どもたちは応えていました。

希望を大きく膨らませ、新しい学年のスタートです。

市内小中学校長会

 
校長会

4月4日(木曜日)高千帆小学校で市内小・中学校の校長先生があつまり、研修をしました。校長会は毎月開催されます。

校長会では、各学校の課題等をもちより改善、解決に向けて話し合うほか、研修テーマを設けて研修を実施します。研修した内容は、校長会の山口県大会や中国大会で発表を行います。教育における国や県の動向を踏まえながら、よりよい教育を推進するためには、どんな学校づくりを展開していけばよいのかについて研究を深めています。

教育委員会も、山陽小野田市のよりよい学校教育の推進のため、校長会とともに学んでいます。

令和6年度が始まります

 

着任式

市長歓迎の言葉

 

令和6年度が始まりました。

本日、新たに5名の校長先生、5名の教頭先生、35名の先生、1名の養護の先生、1名の事務の先生が、各学校に着任式されました。

着任式では、藤田市長から、「本市にある山口東京理科大との連携など、本市の特色ある教育環境を生かし、次代を担う子どもたちが笑顔になる教育の推進を期待している」との歓迎の言葉をいただきました。長友教育長からは、「子どもたちが楽しい、安心安全な学校づくり、子どもが行きたくなる学校づくりを共に進めていこう」とのあいさつがありました。

山陽小野田市の各小・中学校が元気と笑顔があふれる、すてきな学校になるよう教育委員会も連携・協力してまいります。

 

10分でわかる山陽小野田市

学芸員の説明

現在、歴史民俗資料館では企画展「10分でわかる山陽小野田市」が開催されています。着任される先生方と一緒に、この企画展を見学しました。若山館長と溝口学芸員の解説を聞くことができました。山陽小野田市に長く勤務されたことのある校長先生も新たな発見があったとのことでした。新しい学びがあります。

ぜひ、多くの方のご来館をお待ちしています。