ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト

本文

新型コロナウイルスに関連したお知らせ

市長メッセージ(9月16日) 

 本市では、お盆以降、飲食店で2件のクラスターが発生するなど短期間で多くの感染者が確認され、感染リスクが高まる予断を許さない状況にありましたが、9月10日を最後に現在まで新たな感染者は確認されておりません。
 感染拡大を防ぐことができたのは、一人ひとりの高い意識と行動の成果であり、市民・企業の皆さまのご協力に対しまして厚くお礼申し上げます。

 市においては、こうした現状を踏まえて、本日、対策本部会議を開き、一部利用制限は伴うものの、9月23日(水)からの公共施設の利用再開や、市主催の行事・イベント等について実施可能なものは順次開催していくことを決定いたしました。また、感染防止意識の啓発と安心・安全な利用環境の周知を図るため、感染防止対策への取組を宣言する飲食店等を応援する取組も進めてまいります。さらには市内の店舗等で利用できる5,000円分のスマイルチケットも、10月上旬には皆さまのお手元に届くと思います。コロナ禍において、感染防止対策を講じたうえで一定の社会経済活動を維持していく新しい生活スタイルを実践する一助になれば幸いです。
 市では、市民の皆様の大切な命と生活、そして地域経済を守るために、これからも全力で必要な対策を講じて参ります。

 しかしながら、油断は禁物です。これから冬場にかけては、インフルエンザも流行するため、引き続きマスクの着用やうがい・手洗いの励行、三密の回避など基本的な感染防止対策の徹底を図るとともに、最新の知識や情報をもとに感染リスクを見極めながら、with コロナの生活を送っていく必要があります。一人ひとりの心掛けが感染拡大を防ぐ鍵になると思います。
 市民・企業の皆さまには、ご不便・ご心配をおかけしますが、自身を守るため、大切な人を守るため、そして社会の機能を維持するために、その時々の状況を踏まえながら、感染防止と社会経済活動の両立に向けた適宜適切な判断や行動を実践していただきますよう、ご理解・ご協力をお願いします。

令和2年9月16日

山陽小野田市長 藤 田 剛 二

【新型コロナウイルス】令和2年8月26日市長記者会見(手話通訳あり)

【新型コロナウイルス】令和2年8月24日市長記者会見(手話通訳あり)

【新型コロナウイルス】令和2年8月20日市長記者会見(手話通訳あり)

<関連リンク>

山陽小野田市新型コロナウイルス感染防止対策取組宣言飲食店応援制度事業所募集

新型コロナウイルス感染症関連情報(山口県ホームページ)

山口県内での発生について(山口県ホームページ)

山陽小野田市の新型コロナウイルス緊急対策

山陽小野田市の新型コロナウイルス緊急対策一覧

山陽小野田市の緊急対策(第4弾)

厚陽地区における光ファイバ整備の推進

予算額 58,100千円

新型コロナウイルス感染症への対応を進めるため、市内全域において「新たな日常」に必要な情報通信基盤を整備することを目的とし、現在は未整備である厚陽地区において、光ファイバの整備を行う電気通信事業者に対して補助金を支出することで事業の推進を図ります。

問合せ先:企画課(電話0836-82-1130)

山陽小野田市の緊急対策(第3弾)

商品券(愛称:スマイルチケット)発行事業 【市独自】

予算額 379,054千円

新型コロナウイルス感染症の拡大により、多大な影響を受けた市民生活を支援するとともに、地域における消費の喚起を図るため、全市民及び市外在住の山口東京理科大生に対して一律5,000円分の商品券を配付します。

商品券(スマイルチケット)について

問合せ先:商工労働課 (電話 0836-82-1150)

新生児応援金給付事業 【市独自】

予算額 40,138千円

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、感染対策に配慮しながら出産をされたご家庭に対し、新生児1人につき10万円を給付することにより、お見舞いの気持ちを示すとともにお子様の健やかな育成を支援します。

新生児応援金について

問合せ先:企画課 (電話 0836-82-1130)

GIGAスクールにおける端末整備・家庭学習推進事業

予算額 504,402千円(端末整備事業)

【市独自】予算額 21,059千円(家庭学習推進事業)

GIGAスクール構想の実現に向けて、児童・生徒及び教員用のタブレット端末を1人1台体制で整備します。整備した端末は、コロナウイルス感染症等による臨時的な休校期間においても、オンライン授業の配信など有効活用を図ります。また、Wi‐Fi環境のない世帯に対して通信環境の整備を支援します。

問合せ先:学校教育課 (電話 0836-82-1202)

緊急対応型雇用創出事業 【市独自】

予算額 18,502千円

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響を受け、採用内定を取り消された市民や失業した市民を優先して市の会計年度任用職員に雇用することにより、次の就業までの間の市民生活を支援します。

会計年度任用職員の募集について

問合せ先:人事課 (電話 0836-82-1135)

山陽小野田市の緊急対策(第2弾)

山陽小野田市新型コロナウイルス等感染症対策基金の設置

サポート寄附メニューの追加

山陽小野田市サポート寄附(ふるさと納税)で新型コロナウイルス感染症対策への寄附ができます

問合せ先:シティセールス課 (電話 0836-82-1241)

山陽小野田市の緊急対策(第1弾)

山陽小野田市事業継続給付金

問合せ先:商工労働課 (電話 0836-82-1150)

※申請受付は終了しました。

発熱外来の設置 

※設置期間:令和2年5月18日(月)~6月20日(土)

問合せ先:健康増進課 (電話 0836-71-1814)