ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト

本文

新型コロナウイルスに関連したお知らせ

山陽小野田市独自の緊急対策

医療体制 ~地域医療体制の確保~

発熱外来の設置

15,963千円《市単独事業》

新型コロナウイルス感染症が拡大していく中、地域医療体制を確保するため、急患診療所を活用して発熱外来を設置します。発熱外来の設置期間中は現在の平日夜間診療は休診します。なお、急患診療所で行っている小児科の休日診療については、引き続き診療を行います。

場所:山陽小野田市急患診療所

住所:山陽小野田市大字東高泊1947番地1

山陽小野田市「発熱外来」設置のご案内

問合せ先:健康増進課 (電話 0836-71-1814)

経済対策 ~中小事業者等への支援~

山陽小野田市事業継続給付金

461,653千円《市単独事業》

新型コロナウイルスの影響で、令和2年2月から5月までの間、いずれかの月の売上額が前年の同月と比較して、2割以上減少している中小企業・個人事業主等を対象に、1事業所当たり20万円を支援します。

申請期間:令和2年6月1日(月曜日)~令和2年7月31日(金曜日)

山陽小野田市事業継続給付金について

問合せ先:商工労働課 (電話 0836-82-1150)

財源確保 ~感染症対策への支援~

サポート寄附メニューの追加

「活力と笑顔あふれるまち」を目指して行うまちづくりに対し、広く皆さんからの寄附金を募るサポート寄附(ふるさと納税)の用途の一つとして、「新型コロナウイルス等感染症対策」の項目を追加することにより、いただいた寄附金を感染症対策事業の財源として活用します。

山陽小野田市サポート寄附(ふるさと納税)で新型コロナウイルス感染症対策への寄附ができます

問合せ先:シティセールス課 (電話 0836-82-1241)

3つの「密」を避けましょう

  1. 換気の悪い「密閉空間」
  2. 多数が集まる「密集場所」
  3. 間近で会話や発声をする「密接場面」

3つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高い!

※共同で使う物品には消毒などを行ってください。

3つの密を避けましょう

3つの密を避けましょう! [PDFファイル/1月2日MB]

3つの密を避けるための手引き [PDFファイル/1.35MB]

山陽小野田市新型コロナウイルス対策総合窓口

新型コロナウイルスに関して「どこに相談したらいいかわからない…」などのお困りごとをお聞きします。

山陽小野田市新型コロナウイルス対策総合窓口(市総務課危機管理室)

平日の8時半から17時15分まで

Tel:0836-82-1122
Fax:0836-83-2604

新型コロナウイルス感染症電話相談窓口

特別定額給付金についての相談

市総務課新型コロナ対策室 (土日祝日を含む9時から17時まで)

Tel : 0836-81-5670
Fax : 0836-83-2604

感染症に関する相談

宇部健康福祉センター (平日の9時から17時まで)

Tel : 0836-31-3203

※緊急を要する症状がある場合は土日を含めて24時間対応します。

山口県健康増進課(土日・祝日の9時から17時まで)

Tel:083-933-3502
Fax:083-933-2969

相談・受診の目安

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(Copd等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

症状 が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに 相談してください 。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安 [PDFファイル/156KB]

厚生労働省の相談窓口(9時から21時 土日祝日も実施)

Tel:0120-565653
Fax:03-3595-2756

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


山陽小野田市内での発生状況