ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 住民票所在地以外での接種を希望する場合

本文

住民票所在地以外での接種を希望する場合

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。
ただし、以下のような、やむをえない事情がある場合、住所地以外で受けることができます。

接種を受ける市町村へ届出申請を行うことで接種ができる人

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者 など

申請方法

接種券が届いたら、接種を受ける市町村に「住所地外接種届」の提出が必要です。
住所地外接種届の画像です。住所地外接種届はこちらからダウンロードできます。 [PDFファイル/357KB]

その他、健康増進課窓口等で入手できます。
申請方法は以下のとおりです。

申請方法 (1)郵送

  1. 「住所地外接種届」を記載する。
  2. 「住所地外接種届」、「接種券の写し」および、「返信用封筒」を添付して山陽小野田市健康増進課に郵送する。
  3. 記載内容を確認し、問題がなければ、市から「住所地外接種届出済証」を交付。
  4. 「住所地外接種届出済証」は接種当日に必要となるため、忘れずにお持ちください。

申請方法 (2)窓口

  1. 「住所地外接種届」を記載する。
  2. 「住所地外接種届」、「接種券(または接種券の写し)」を山陽小野田市健康増進課に提出する。
  3. 内容を確認し、市から「住所地外接種届出済証」を交付。
  4. 「住所地外接種届出済証」は接種当日に必要となるため、忘れずにお持ちください。

申請方法 (3)厚生労働省が設けるWebサイト

  1. 厚生労働省が設けるWebサイト上で、接種を希望する医療機関等の所在地の市町村に対し「住所地外接種届」を提出する。
  2. 市から「住所地外接種届出済証」をWebサイト上で交付。(ワクチンナビはこちら
  3. 「住所地外接種届出済証」は接種当日に必要となるため、忘れずにお持ちください。

接種を受ける市町村への届出を省略することができる人

  • 入院・入所者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ人が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった人
  • 勾留又は留置されている人、受刑者
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である人
  • 国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住している人に限る)
  • 職域接種を受ける場合

※なお、当該対象者は、接種を受ける時点において、現にその状態にある人に限ります。

 

※接種時に必要となる接種券の発送時期は、市町によって異なりますが、住所地に届きます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


PCR検査について
山陽小野田市内での発生状況