ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意!

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関連した消費者トラブルが全国で発生しています。

困ったことがあれば、すぐに消費生活センター(☎0836-82-1139または188)へご相談ください。


「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」の開設
(国民生活センター)

国の給付金・助成金を装った詐欺にご注意ください!

・怪しいメールや電話は無視しましょう
・絶対に個人情報を伝えてはいけません

給付金や助成金の給付に便乗したトラブルや悪質商法には注意が必要です。
国民生活センターに「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」が開設され、フリーダイヤル(通話料無料)で、給付金に関する消費者トラブルについての相談ができます。

相談受付時間

10時~16時(土曜、日曜、祝日を含む)

相談特設番号

フリーダイヤル:0120-213-188

※050から始まるIP電話からはつながりません。
※この窓口では、消費者の方からの相談を受け付けています。

フリーダイヤル0120-213-188


特別定額給付金を装った詐欺に注意!

給付金サギに注意

特別定額給付金に関して

  • 市・県・総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市・県・総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
  • 具体的な給付の方法等は検討中です。現時点で、市・県・総務省などが、住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることは、絶対にありません。

もしかして? 不安になったらすぐ電話!


「消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINEアカウントの開設

公式LINEアカウント

LINEアプリをお手持ちのスマートフォン等にインストールした後、次のいずれかの方法で、「消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報」を「友だち」に登録してください。

  • URL:下記のリンクから友だち登録

https://lin.ee/d57rXBD

  • QRコード:下記のQRコードを読み取り、友だち登録

QRコード


外出を控えて新型コロナウイルス感染症拡大防止
自宅からのインターネット通販で外出抑制

購入確定のクリック、タップする前にトラブルに巻き込まれないようにもう一度確認してください!

インターネット通販で外出抑制 [PDFファイル/950KB]

悪質サイト、悪質事業者があなたを狙っています

1 偽ショッピングサイトではないですか?

販売実態がないにもかかわらず、巧みに払込みだけをさせる悪質なサイトが出回っています。

2 フィッシングサイトにご注意

ショッピングサイトを装って不正に個人情報を抜き取る悪質サイトも出回っています。

3 大手モールサイトでも偽ブランド品にご注意を

あなたが実際に取引している出品者・出店者は誰ですか?
身元を隠し、偽ブランド品を売っている者がいます!

一般的に気を付けなければならないこともあります

4 よく確認してください!定期購入トラブルにご注意

「お試し価格・1回限り」と思って購入しようとしても、本当は高額での複数回の購入契約かもしれません。

5 返品ルールをよく確認しましょう

返品については事業者が表示したルールをよく確認しましょう。
「返品不可」と記載されていれば返品することは困難です。


SNSの書き込みやフェイク広告に注意!

新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクの品薄が続いている状況に便乗して「マスクが購入できる」「マスクが買えるサイトがある」というSNSの書き込みやフェイク広告で消費者の関心を惹き、不審な通販サイトへ誘導するという悪質な手口に関する相談が寄せられています。フィッシングサイトの恐れもあり、氏名や住所、電話番号などの個人情報やクレジットカード番号を入力すると不正に取得される可能性があります。

アドバイス

インターネット通販を利用する際は、SNSの書き込みや広告の内容を鵜呑みにせず、リンク先の通販サイトの住所、電話番号表示や注文手続きに不審な点はないか慎重に確認しましょう。
特に、「SNSに表示される広告だから、リンク先も安心できる通販サイトだろう」といった思い込みをしないように気をつけましょう。
もし不審なサイト上でクレジットカード番号を入力してしまった場合は、早急にクレジットカード会社に連絡しましょう。マスク


市役所、厚生労働省、労働局などを名乗る不審な電話に注意!

新型コロナウイルスを口実に、市役所などの行政機関職員をかたった電話や、「行政から委託を受けている」と自宅を訪問しようとする電話など、うそ電話詐欺やアポ電話詐欺につながるおそれのある相談が全国の消費生活センターに寄せられています。次のような電話には注意してください。

  • 新型コロナウイルスが流行しているので気を付けるように高齢者に電話している。

  • 市では、助成金をお配りしている。助成金を振り込むので口座番号を教えてほしい。

  • 新型コロナウイルスが水道水に混ざっている可能性があるので調査に行く。お宅の場所を教えてほしい。

  • 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、行政から委託を受けて消毒に回っている。

  • 新型コロナウイルスの検査が無料で受けられるがマイナンバーカードが必要。これからお宅に行く。

アドバイス

新型コロナウイルス対策に便乗し、市役所などの公的機関になりすまして、個人情報や口座情報を詐取しようとする相談が見られます。
電話やメール等で「個人情報や口座情報を教えてほしい。」、「住所を教えてほしい。」と言われたら、詐欺の疑いがあります。
こうした電話はすぐに切り、メールは無視してください。
また、絶対に銀行の口座情報や暗証番号等を教えたり、キャッシュカード等を渡したりしないでください。


新型コロナウイルスに関連した不審な電話やメールに注意!

マスクの入手が困難な状況に便乗し、「マスクを無料で送付する。」などと消費者の関心を惹き、メッセージ内のURLをクリックさせ、フィッシングサイトに誘導され、スマートフォンに不正なアプリがインストールされたり、個人情報を取得されたりする可能性があります。
不審な送信元から次のようなメール等が届いても無視してください。

  • 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっているのでマスクを無料配布する。

  • 新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がる。今申し込めば金を買う権利が当たる。

  • 新型コロナウイルス関係の助成金を会員限定で毎月総額1億円配布する。

アドバイス

心当たりのない不審な送信元からメール等が届いた場合、メールに記載されたURLには絶対にアクセスしないようにしましょう。
また、実在する事業者名等が記載されていた場合でも、メール内の番号に電話したり、URLをクリックしたりせず、不安に思ったら、事業者のホームページや問い合わせ窓口に確認しましょう。


身に覚えのない商品の送り付けに注意!

販売業者が売買契約に基づかないで一方的に商品を送付する商法(いわゆるネガティブ・オプション)による相談が寄せられています。

  • 頼んでもいない消毒用ジェルが2本宅急便で送られてきた。

アドバイス

申し込んだ覚えもなく、購入するつもりがなければきっぱり断ることが大切です。
断ったにもかかわらず一方的に送りつけられた場合、商品の受け取りを拒否してください。商品購入について、電話で勧誘され承諾してしまった場合は、クーリング・オフができます。
また、高齢者がトラブルに遭っていないか、ご家族など周りの方は見守ってあげてください。

注意!

政府が一住所当たり2枚ずつ配布する布製マスクは、お知らせ文と一緒に透明の袋に包んで配布されます。
配布は、日本郵便の全住所配布のシステムを活用して、日本郵便が、対面の配達ではなく、ポストに投函されます。
感染者数が多い都道府県から順次配送されます。

厚生労働省HP
布マスクの全戸配布に関するQ&A
布製マスクの都道府県別全戸配布状況

なお、政府が配布する布製マスクとは別に、身に覚えのないマスク等の商品が届いた場合は、内容をよく確認してください。

消費者庁からの情報:身に覚えのない商品の送り付けに注意! [PDFファイル/631KB]


「新型コロナウイルス予防に効果あり」等の広告表示に注意!

新型コロナウイルス感染拡大に便乗した様々な広告や情報がネットやSNS等で広がっています。
特に「新型コロナウイルス予防に効果あり」等の商品広告について、消費者庁は「現時点で健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤、アロマオイル、光触媒スプレー等の商品について、新型コロナウイルスに対する効果を裏付ける根拠は認められない」として注意喚起を行っています。
新型コロナウイルスは特性が明らかになっていない点が多く、民間による試験の実施も不可能な現状において、予防効果を表示できる客観性や合理性を欠いているとのことです。
根拠のない広告や情報に惑わされないように、冷静な対応を心掛けるようにしましょう。

参考:消費者庁HP https://www.caa.go.jp/


新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者としてご注意いただきたいこと(消費者庁からのお知らせ)

  1. 新型コロナウイルス感染が拡大している状況の下、様々な風説が流れていますが、食料品や生活必需品が必要な方に届くよう、消費者のみなさまにおかれましては、正しい情報を見極め、デマに惑わされず、冷静な購買活動をお願いいたします。
  2. 買物するときには、感染予防に加え、他の方に感染させない気遣いも必要です。
    お店によっては買物の仕方などを制限する場合があるので、御理解・御協力ください。
  3. マスクについては、厚生労働省及び経済産業省が関係団体に増産など安定供給について要請を行い、毎週1億枚以上のマスクを届けられるようになっております。また、転売目的の購入は望ましくなく、御配慮をお願いいたします。
    消費者のみなさまにおかれましては、風邪や感染症の疑いのある方などマスクが必要な方たちに届くよう、御理解・御協力と冷静な御対応をお願いいたします。

消費者庁からのお知らせ https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/notice_200227.html


 

問い合わせ先

山陽小野田市消費生活センター
Tel0836-82-1139
E-mail:seikatsu@city.sanyo-onoda.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


山陽小野田市内での発生状況