ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(2月18日)

本文

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(2月18日)

市民の皆さまへ 

 現在、まん延防止等重点措置が山口県全域に適用されていますが、2月20日(日)をもって解除されることが決定しました。これにより、飲食店等に要請されていた時短営業や利用人数制限は解除されることになります。
 飲食関係の皆様をはじめ市民や企業の皆様には大変なご負担やご不便をおかけしましたが、期間中の感染防止対策の実践についてご理解・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 まん延防止等重点措置は解除されますが、本市では連日感染者が確認されており、油断できない状況が続いています。2月に入ってからは368人の感染者が確認され、クラスターも5件発生しています。最近の傾向としては、家庭内感染や就学前施設・学校における感染が広がっており、いかにして感染拡大を食い止め社会の機能を維持していくかがポイントになります。
 こうした状況を踏まえて、本市では対策本部会議を開催し、現在市独自で実施している対策(市主催の大声・飲食が伴うイベント等の中止又は延期、児童館の休館、スマイルキッズの利用制限)を2月27日(日)まで延長することを決定しました。感染を完全に防ぐことは難しいですが、ワクチン接種や基本的な感染防止対策の徹底など今私たちができることを着実に実践し感染リスクを減らしていくことが大切になりますので、引き続きご理解・ご協力をお願いします。

※3回目のワクチン接種について
 当初は2回目接種日から8か月以上の間隔をおいて接種することになっていましたが、現在は6か月まで前倒しできることになっています。本市においても、接種券が届いた方は、接種日の年齢が18歳以上で2回目接種日から6か月が経過していれば、3回目の接種を受けることができます(接種券に記載されている8か月を経過する日付までお待ちいただく必要はありません。)。
 また、ワクチンの予約状況はモデルナを接種する会場で空きがある状況です。3回目の接種はワクチンの種類にかかわらず、その効果や安全性が十分確認されていますので、できるだけ早く多くの方に接種していただくために、交互接種についても積極的にご検討いただきますようお願いします。

令和4年2月18日 山陽小野田市長 藤田 剛二

<リンク>

 

 


PCR検査について
山陽小野田市内での発生状況