ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(1月18日)

本文

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(1月18日)

市民の皆さまへ 

 本日、山口県知事の記者会見が行われ、宇部市船木にある医療機関でクラスターが発生し、68名の感染者が確認されたとの発表がありました。その内、11名が本市の住民であり、感染された方の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。詳しい行動歴や濃厚接触者の有無については、県の保健所が調査しています。市民の皆さまには、県や市が発信する正確な情報に基づく、冷静な対応をお願いするとともに、感染された方やそのご家族に対して人権意識をもった十分なご配慮をお願いいたします。

 現在、全国的に新型コロナウイルスの第3波が到来し、11都府県に対して緊急事態宣言が発出されていますが、依然として感染拡大に歯止めがかからず、山口県においても本日、今までの1日の感染者数を大幅に上回る、過去最多となる88名の感染者が確認されるなど、感染の収束が見通せない予断を許さない状況が続いています。特に最近は、飲食に関連するものだけでなく、医療機関や介護施設、会社などで大規模なクラスターが発生しており、感染者の増加に伴って家庭内感染も広がっています。
 市民の皆さまにおかれましては、改めまして、マスクの着用やうがい・手洗いの励行、三密の回避など、基本的な感染防止対策の徹底をお願いするとともに、感染リスクがより身近に迫っているとの認識のもとに、家庭や職場内においても定期的な消毒や換気を徹底するなど、感染しない・感染させないための取組を実践していただきますようお願いします。
 市では、この度のクラスターの発生を受けて、県や宇部市と連携のうえ、市民の皆さまへ市ホームページにて最新の情報提供を行っていくとともに、今後の状況を注視しながら、感染拡大を防ぐために、随時必要な対策を講じて参ります。

 市民の皆さまにはご不便やご心配をお掛けしますが、自身を守るため、大切な人を守るため、そして社会の機能を維持するために、今後の県や市が発信する最新の情報をもとに、感染拡大を防ぐための慎重な判断に基づく適切な行動を取っていただきますよう、ご理解・ご協力をお願いします。

令和3年1月18日

          山陽小野田市長  藤田  剛二

 


子どもや保護者の皆様へ
山陽小野田市内での発生状況