ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

厚狭川激特だより

「厚狭川激特だより」とは、平成22年7月の豪雨による厚狭川の災害への対応として、同年12月に国に採択されました「厚狭川河川激甚災害対策特別緊急事業」に関する取り組み状況などの情報をお知らせするもので、山口県宇部土木建築事務所が発行しています。

厚狭川激特だよりVol.14(平成31年3月発行) [PDFファイル/671KB]
厚狭川激特だよりVol.13(平成27年12月発行) [PDFファイル/755KB]
厚狭川激特だよりVol.12(平成27年4月発行) [PDFファイル/696KB]
厚狭川激特だよりVol.11(平成26年10月発行) [PDFファイル/794KB]
厚狭川激特だよりVol.10(平成26年7月発行) [PDFファイル/1.33MB]
厚狭川激特だよりVol.9(平成26年3月発行) [PDFファイル/783KB]
厚狭川激特だよりVol.8(平成25年10月発行) [PDFファイル/804KB]
厚狭川激特だよりVol.7(平成25年6月発行) [PDFファイル/729KB]
厚狭川激特だよりVol.6(平成25年2月発行) [PDFファイル/695KB]
厚狭川激特だより号外(平成24年12月発行)[PDFファイル/548KB]
厚狭川激特だよりVol.5(平成24年10月発行) [PDFファイル/580KB]
厚狭川激特だよりVol.4(平成24年6月発行) [PDFファイル/686KB]
厚狭川激特だよりVol.3(平成24年1月発行) [PDFファイル/563KB]
厚狭川激特だよりVol.2(平成23年9月発行) [PDFファイル/560KB]
厚狭川激特だよりVol.1(平成23年5月発行) [PDFファイル/616KB]

「河川激甚災害対策特別緊急事業」とは

「河川激甚災害対策特別緊急事業」とは、河川の氾濫など激甚な災害が発生した一連の区間について、河川改修を緊急(概ね5ヶ年)に実施し、再び災害が発生することを防止するものです。この災害対策事業は「激特事業」や「激特」と略称されています。

事業の効果・概要

厚狭川、桜川の「激特事業区間」において、河道の掘削及び拡幅、排水ポンプの増設等により、洪水を流下させる能力を向上させ、平成22年7月の豪雨規模の洪水による浸水被害を軽減します。

詳しくは「厚狭川激特だより」をご覧ください。

事業区間

<厚狭川> 約5.7キロメートル(国道190号厚狭川橋からJR美祢線沓山田踏切付近まで)
<桜川>   約0.7キロメートル(JR山陽新幹線下流から上流約0.7キロメートルまで)

    事業内容  

    河道掘削、築堤、護岸、橋梁、排水ポンプの増設等

      事業期間

      平成22年度~平成26年度(予定)

        お問い合わせ先

        山口県宇部土木建築事務所

        〒755-0033
        宇部市琴芝町1-1-50
        電話番号:0836-21-7125

          Adobe Reader

          PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
          Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)