ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

施設案内

施設趣旨

歴史民俗資料館外観

ふるさとの歴史を再発見してみませんか。

山陽小野田市歴史民俗資料館は、昭和57年(1982)3月に小野田市制40周年記念事業の一環として建設されました。古代の土器から一般庶民の生活・生産を語る民俗資料まで、祖先が営み築いた文化と歴史を紹介する他、江戸時代からの開作の歴史、近代山陽小野田発展の原動力となったセメント工業、製陶業、石炭産業などを紹介しています。また、企画展を随時開催しています。

私たちのまち山陽小野田は、開作に象徴される先人のたくましい開発精神と郷土愛により築かれたものであります。この先達の歩んだ生活の苦心を知ることは、現代・未来の山陽小野田のまちの発展につなぐことにもなりましょう。

施設概要

所在地  山陽小野田市栄町9番21号

入館科  無料(ただし、特別企画展の場合は徴収する場合があります。)

開館時間 9時~17時

休館日  毎週月曜日・祝日(重なる場合は翌火曜日) 年末年始(12月27日~1月5日)

※エレベーター、車椅子があります。

館内案内

平面図

アクセス方法

電車
JR小野田線「南中川駅」下車、徒歩7分。

バス
「小野田駅前」からバスで宇部中央、本山岬、刈屋、理科大、叶松団地行きの、いずれかに乗車して約7分。
「硫酸町バス停」で下車、徒歩3分。


山陽自動車道小野田ICより10分。(無料駐車場有、大型バス可)

グーグルマップはこちら
グーグルマップ