ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > デジタル推進室 > 証明手数料などの支払いにキャッシュレス決済が利用できます

本文

証明手数料などの支払いにキャッシュレス決済が利用できます

証明手数料などの支払いにキャッシュレス決済が利用できます

 市民課窓口で発行する住民票や印鑑証明書などの発行手数料等の支払いに、キャッシュレス決済が利用できます。
  現金用の自動支払機も導入し、非接触での支払いが可能ですので、ぜひご利用ください。

利用できる窓口

 本庁 市民課

利用できるキャッシュレス決済

クレジットカード(4種類)

Visa、Mastercard、JCB、American Express

クレジットカード

電子マネー(13種類)

楽天Edy、nanaco、WAON、QUICPay、Suica、TOICA、PASMO、Kitaca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

電子マネー

コード決済(4種類)

PayPay、楽天ペイ、d払い、auPAY

コード決済

対象となる手数料

各種証明書の交付手数料

例:住民票の写し、戸籍謄本、印鑑登録証明書など

キャッシュレス決済の対象となる手数料一覧 [PDFファイル/65KB]

注意事項

・クレジットカードの支払い回数は1回払いのみとなります。

・市役所窓口での電子マネーのチャージはできません。あらかじめ残額をお確かめください。

・キャッシュレス決済と現金の併用はできません。

・キャッシュレス決済によりお支払いいただいた場合は、山陽小野田市からの領収書は発行できません。利用控えレシートのお渡しとなります。山陽小野田市からの領収書が必要な場合は、現金でお支払いください。

市税等の納付には

市役所窓口では、キャッシュレス決済を利用した市税等の納付には対応しておりません。

スマートフォン決済アプリを利用して、市税の納付を希望される場合は、次のリンク先をご確認ください。

税金や料金等がスマホ決済できます

スマホアプリ「PayB」、「LINE Pay請求書支払い」、「PayPay請求書払い」を利用して納付書のバーコードを読み取ることで、「いつでも」、「どこでも」、「かんたんに」納付ができますので、是非ご利用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)