ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 市民協働 > 自治会 > 自治会館建設の助成制度(自治会館建設補助金制度)

本文

自治会館建設の助成制度(自治会館建設補助金制度)

 

 

 山陽小野田市では、自治会の自己負担で、自治会館を新築、修理、増改築等を行う場合や、自治会

館用として、用地取得する場合に対して、助成をおこなっています。

 補助金の交付を受けようと思われる自治会の代表者の方は、「自治会館建設補助金交付要望書」を

事業予定年度の前年度の9月30日までに提出する必要があります。

 自治会館の新築、修理、増改築、用地取得等を予定されている自治会は、市民生活課(82-11

34)までお問い合わせください。

【補助金交付限度額一覧】 

 

種  別

補助率

補助限度額等

建 設

建築費の

2分の1

上限600万円

ただし、2自治会以上が建築面積150平方メートルを超える自治会館を建設する場合で、かつ、当該自治会の合計世帯数が180世帯を超えるときは上限770万円

修  理

修理費の

2分の1

上限60万円

建築築5年以上を経過した自治会館で、かつ、60万円以上の修理費を必要とする場合に限る。

増 築

または

改 築

増築または

改築費の

2分の1

上限180万円

150万円以上の事業費を必要とするものに限る。

用地取得

用地取得費の

2分の1

上限330万円。助成対象面積350平方メートルを限度。

ただし、2自治会以上が建築面積150平方メートルを超える自治会館を建設するための

用地を取得する場合で、当該自治会の合計世帯数が180世帯を超えるときは、上限440万円とする。

 

※現在、自治会館建設補助金については、各自治会からの要望が多く、限られた予算内での助成と

   なっておりますので、 新規要望への助成は、少しお時間をいただいております。

自治会館建設補助金交付要望書 [Wordファイル/17KB]