ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心ガイド > 防災・消防 > 防災 > 防災・消防 > 有帆川洪水ハザードマップを更新しました。

本文

有帆川洪水ハザードマップを更新しました。

有帆川洪水ハザードマップとは

 近年、全国各地で大雨による河川の氾濫や土砂災害が頻発しています。洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。

 そこで、山口県は、有帆川において、想定される最大規模の降雨(24時間の総雨量498mm)により氾濫した場合に想定される被害を令和2年3月に公表しました。

 公表された情報は、次の5項目です。

○想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図(24時間の総雨量498mm)

○想定最大規模の降雨による浸水継続時間(24時間の総雨量498mm)

○計画規模の降雨による洪水浸水想定区域図(24時間の総雨量295mm)

○家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)

○家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)

 掲載場所 → 有帆川洪水浸水想定区域図(山口県ホームページ)

山陽小野田市では、この浸水想定区域の更新をうけ、「有帆川洪水ハザードマップ」も更新しました。

山陽小野田市有帆川洪水ハザードマップ

 山陽小野田市では、大雨が降って災害が起きそうなとき、どのようにして自分や家族の命を守るか、考えていただくため次の項目を記載した「有帆川洪水ハザードマップ」を作成しました。

(マップ面)

○想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図(24時間の総雨量498mm)

○家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)

○家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)

○土砂災害警戒区域等の地図

○避難場所、防災関係機関の住所及び連絡先

(情報面)

○災害について知る

○いざという時どうするか考えておく

○災害の情報を得る

○日ごろから備える

日ごろから、危険箇所や避難経路を確認するなど迅速な避難行動や災害応急対応を行えるよう心がけましょう。

情報面

情報面

有帆川洪水ハザードマップ(情報面) [PDFファイル/3.06MB]

マップ面

有帆川全域マップ面

有帆川洪水ハザードマップ(マップ面) [PDFファイル/7.79MB]

詳細版

有帆地区

有帆地区 [PDFファイル/3.46MB]

高泊・高千帆地区

高泊・高千帆地区 [PDFファイル/4.35MB]

小野田・須恵地区

小野田・須恵地区 [PDFファイル/4.06MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)