ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 高齢福祉課 > 入退院時の多職種連携ルール

本文

入退院時の多職種連携ルール

入退院時の多職種連携ルールについて

 在宅で生活している中で医療機関に入院し、退院されるときに切れ目なく介護サービスを受けられるようにするため、医療機関と多職種が連携し、入院時から情報を共有し退院に向けた連絡・調整を行うための仕組みです。

内容

  1. 入院する前の日ごろから市民や多職種(主にケアマネジャー) がこころがけておくこと
  2. 入退院時の医療機関と多職種(主にケアマネジャー)の連絡調整
  3. 患者の情報共有について各職種でできること

医療介護従事者の方へ [PDFファイル/1.07MB]

市民の方へ [PDFファイル/177KB]

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)