ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化・スポーツ > 令和3年度子ども文化ふれあい事業「瀬﨑明日香バイオリン演奏会」を開催しました

本文

令和3年度子ども文化ふれあい事業「瀬﨑明日香バイオリン演奏会」を開催しました

子ども文化ふれあい事業とは

 子どもたちに多彩なアーティストによる優れた公演を間近で体験し、豊かな感性を育んでもらおうと、例年7月に市内小学6年生が不二輸送機ホールに集まり開催する芸術鑑賞会です。

 令和3年度は新型コロナウィルス感染症の影響を受けにくいアウトリーチ形式に変更し、各学校を会場に開催します。

瀬﨑明日香バイオリン演奏会

 国内外で幅広く活躍するバイオリニストの瀬﨑明日香さん、菊地裕介さんによる演奏会を、7月6日(火曜日)から9日(金曜日)にかけて、小野田地区7小学校の5・6年生を対象に開催しました。(写真は高千帆小学校の様子) 

 エドワード・エルガーの「愛の挨拶」で演奏会が始まると、会場はバイオリンとピアノの美しい音色に包まれました。続いて、「ハンガリー舞曲第5番」、ピアノとバイオリンのためのソナタ第9番「クロイツェル」など、息ぴったりの演奏が次々と披露され、演奏の合間にはバイオリンの構造や音がでる仕組み、ピアノの構造変化の歴史、作曲家が曲を生み出した背景の紹介もあり、演奏とともに児童はおふたりの話に興味深く耳を傾けました。

  演奏会01  演奏会02

 演奏会の終盤になると、バイオリンを手にした瀬﨑さんがステージから児童のもとへ歩み寄り、演奏を披露。目の前で奏でられる本物のメロディーに加え、弓を操る動作や弦に触れる指の動きによる音の違いなど、ホールでの演奏会では叶わない貴重な体験とあって、瀬﨑さんの手元や弓の動きを興味深く見つめる児童の姿が見られました。

 演奏会03  演奏会 

児童の感想 

・ バイオリンもピアノも、音の強弱や弾き方で様々な気持ちが伝わってきました。
  私も音楽の時には、1つの音や歌詞に気持ちを込めて歌ったり弾いたりしたいです。

・  バイオリンの音を生で聴いたのは初めてで興奮しました。
  バイオリンもピアノも音がきれいで自然とその雰囲気に引き込まれました。
  バイオリンは右手、左手どちらも休むひまがないほどで、すごいと思いました。また聴きたいです。