ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

不二輸送機ホールの使用料等が変わります

不二輸送機ホール使用料等変更のお知らせ

 令和元年10月1日から消費税法の改正により消費税率が8%から10%に引き上げられることに伴い、不二輸送機ホールの使用料等を以下のとおり改正します。
 また、研修室とスタジオについては、利用者の利便性向上と稼働率向上のため、貸出区分をこれまでの時間帯区分単価(午前・午後・夜間)から1時間単価に改めます。
 利用者の皆様には大変恐縮ですが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

※令和元年9月30日までの使用申請・許可分は変更前の基準が適用されます。
 ただし、施設の使用申請がされていても付属設備及び備品の使用申請がされておらず、その許可を得ていない場合、付属設備及備品使用料については変更後の基準が適用されます。また、冷暖房使用料については、お支払いの時点での基準が適用されますので、ご了承ください。

施設使用料

区分基本使用料の額
午前午後夜間昼間午後・夜間全日
9時から
12時まで
13時から
17時まで
18時から
22時まで
9時から
17時まで
13時から
22時まで
9時から
22時まで
大ホール平日12,810円23,480円29,890円33,090円49,120円56,590円
土曜日
日曜日
休日
16,010円28,830円35,230円42,710円60,870円70,470円
ロビー4,370円7,890円10,140円11,200円16,650円19,320円
小ホール3,630円6,510円8,430円9,280円13,880円16,010円
和室950円1,700円2,230円2,450円3,630円4,260円
茶室840円1,480円1,910円2,130円3,200円3,830円
楽屋1520円950円1,270円1,380円2,020円2,340円
楽屋21,060円1,910円2,450円2,770円4,040円4,690円
楽屋31,060円1,910円2,450円2,770円4,040円4,690円
楽屋4410円740円950円1,060円1,590円1,810円
楽屋5630円1,160円1,480円1,590円2,450円2,770円
シャワー室310円310円310円520円520円740円
区分基本使用料の額(1時間当たり)
研修室610円
スタジオ170円

備 考

 1.研修室又はスタジオを使用する場合における使用時間に1時間未満の端数が生じた場合、1時間未満は、

  1時間とみなす。

 2.使用者が入場料若しくはこれに類するもの(以下「入場料等」という。)を徴収する場合又は営利(営業、

   宣伝等を含む。以下同じ。)の目的で使用する場合には、当該使用区分に係る基本使用料の額に次に
   掲げる割合を乗じて得た額を加算する。

  (1)  入場料等の1人当たりの徴収額の最高額(以下「入場料等の最高額」という。)が1,000円未
      満のとき:50%

  (2)  入場料等の最高額が1,000円以上2,000円未満のとき:80%  

  (3)  入場料等の最高額が2,000円以上3,000円未満のとき:100%

  (4)  入場料等の最高額が3,000円以上のとき:120%

  (5)  入場料等を徴収しないが営利を目的とするとき:150%

 3.山陽小野田市に住所を有する者以外の者が使用する場合は、当該使用区分に係る使用料に20%を
  乗じて得た額を加算する。

 4.使用時間を超過して使用する場合は、超過する時間1時間につき当該使用区分に係る基本使用料に
  20%を乗じて得た額を加算する。この場合、1時間未満は1時間とみなす。ただし、研修室又はスタジオを

  使用する場合を除く。

 5.大ホールの舞台のみを練習の目的で使用する場合は、当該使用区分に係る基本使用料を半額とする。

 6.「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

冷暖房使用料

 
施設名冷房暖房
大ホール3,260円2,600円
ロビー1,290円1,040円
小ホール810円640円
研修室270円160円
和室160円110円
茶室160円110円
スタジオ160円110円
楽屋1160円110円
楽屋2160円110円
楽屋3160円110円
楽屋4160円110円
楽屋5160円110円

※ただし、大ホール及び楽屋1から楽屋5までのいずれか又は 小ホール及び楽屋1を同時に使用する場合は、
 楽屋の冷暖房使用料は徴収しない。

附属設備及び備品使用料

舞台関係設備及び備品

品名回数単位使用料備考
所作台1310円 
平台1200円 
足類150円 
人形立150円 
松羽目11,590円 
金屏風11,590円 
指揮者台1200円 
国旗・県旗・市旗1110円 
ひな壇用ケコミ1110円 
演台1520円花台共
司会者台1200円 
指揮者用譜面台150円 
演奏者用譜面台150円 
上敷・ござ1150円 
ダンスマット(リノリウム)11,110円 
プレイマット11,110円 
めくり台1110円 
高座用座布団1200円 
姿見1200円 
雪篭装置1200円紙吹雪は別途
緋毛氈1200円 
振り落とし竹1200円 
バトン150円 
音響反射板15,330円 
補助椅子130円 

音響関係設備及び備品

品名回数単位使用料備考
音響設備13,200円プロセニアム及びカラムスピーカー、マイク3本含む。
レコードプレイヤー1840円 
テープレコーダー11,270円 
DVD・CDプレーヤー1840円 
MD・カセットデッキ1840円 
Dat11,060円 
ステージフロントスピーカー11,060円 
ステージモニタースピーカー11,060円 
電動3点吊りマイク11,060円マイク共
ワイヤレスマイク1830円受信機含む。
マイクロホン1520円 
スタンド(マイク用)1110円 
フレキシブルアダプター1150円 
簡易調整卓12,130円カセットデッキ付、スピーカー含む。
小型音響卓12,130円CDデッキ付、スピーカー含む。

舞台照明関係設備及び備品

品名回数単位使用料備考
フットライト1520円 
ロアーホリゾントライト11,590円 
アッパーホリゾントライト12,660円 
プロセニアムサス12,130円 
ボーダーライト1840円 
第1・第2サスペンション12,130円12回路
第3サスペンション12,130円8回路
サイドフロントライト11,590円 
シーリングスポットライト12,130円 
ピンスポットライト11,590円 
スポットライト1200円500W
スポットライト1310円1KW
リクリ1250円750W
小型調光卓1300円24ch、スプリッター付
調光ユニット11,670円2KW、12ch
スポットライトセットA11,350円リクリ2台、PARライト4台、小型調光卓
スポットライトセットB12,400円スポットライトセットA及び調光ユニット
花道フットライト1310円 
フットライト(8灯)1520円 
フットライト(4灯)1310円 
ミラーボール1840円 
スモークマシン12,130円オイル別
スタンド、ハンガー類150円 
Aセット
エフェクトマシン
ディスクマシン
スパイラルマシン
リップルマシン
先玉レンズ
種板
11,060円 
Bセット
ボーダーライト
フロントサイドスポットライト
13,200円 
Cセット
ボーダーライト
フロントサイドスポットライト
シーリングスポットライト
15,330円 
Dセット
ボーダーライト
サスペンションライト
フロントサイドスポットライト
シーリングスポットライト
アッパーホリゾントライト
ロアーホリゾントライト
114,940円 
Eセット
ボーダーライト
サスペンションライト
フロントサイドスポットライト
シーリングスポットライト
アッパーホリゾントライト
ロアーホリゾントライト
ステージスポットライト
121,350円 

その他の関係設備及び備品

品名回数単位使用料備考
ピアノ(スタインウェイ・D274)18,530円調律料は別
ピアノ(ヤマハ・C-5E)12,660円調律料は別
プロジェクター11,100円 
映写機16m/m12,130円クセノン1KWスクリーン別
映写スクリーン11,060円 
スライド12,130円550Wスクリーン含む。
OHP12,130円575Wスクリーン含む。
スクリーン付ホワイトボード1110円 
展示パネル1110円 
長机150円研修室に備付けの長机は
研修室の基本使用料に含む。
椅子130円研修室に備付けの椅子は
研修室の基本使用料に含む。
Aセット
ボーカルアンプ
ギターアンプ
キーボードスタンド 
ドラム
11,590円 
レクチュアアンプ11,060円マイク3本含む。
仮設舞台1310円 

持込器具類

品名回数単位使用料備考
音響持込器具11KWにつき110円 
照明持込器具11KWにつき110円 
その他持込器具11KWにつき110円 

備考

  1. 附属設備及び備品使用料は、9時から12時まで(午前)、13時から17時まで(午後)、18時から22時まで(夜間) 

    のそれぞれの時間帯における使用ごとに1回として算定する。ただし、研修室又はスタジオにおいて附属設備

    及び備品を使用する場合を除く。

  2. 研修室又はスタジオにおいて附属設備及び備品を使用する場合の使用料については、1日につき連続する

    4時間以内の使用を1回とする。使用時間が連続して4時間を超える場合は、当該超える時間4時間までごと

    の使用をそれぞれ1回の使用とみなす。ただし、1日につき3回を上限とする。

  3. この表の使用料には、特別に必要な人件費等は含まない。

  4. この表に掲げる備品は、本会館内での使用に限る。

旧料金との比較表

  令和元年9月30日までの料金との比較一覧

  新旧対照表 [PDFファイル/609KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)