ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

自立支援医療(更生医療)

 日常生活における、身体の機能障がいを軽減または改善するための医療(人工透析、心臓の手術など)を指定医療機関で受ける場合に、医療費を助成する制度です。

※新型コロナウイルス感染症に係る自立支援医療(更生医療、育成医療及び精神通院医療)の取り扱いについて

対象者

18歳以上の「身体障害者手帳」の所持者

給付の内容

指定医療機関における診察、薬剤または治療材料、医学的処置、手術、病院または診療所への入院、訪問看護、移送費

費用負担

原則として医療費の1割負担。ただし、世帯の所得水準に応じて一月あたりの負担に上限額があります。
※世帯の所得が一定以上の場合、対象とならない場合があります。

申請手続

次のものをお持ちください。

申請書、意見書(指定医師によるもの)、印判、保険証、マイナンバーが確認できるもの(個人番号カードまたは通知カード)、身体障害者手帳(お持ちの方)、特定疾病療養受療証(人工透析の方)、所得課税証明書(市が所得確認できない場合)、年金

※代理人による申請の場合は、代理人の本人確認のできるもの(運転免許証等)が必要になります。

○申請書

 自立支援医療費(育成医療・更生医療)支給認定申請書(新規・再認定・変更) [PDFファイル/157KB]

○意見書

 ◆じん臓機能障害以外の方 自立支援医療(更生医療)意見書 [PDFファイル/129KB]

 ◆じん臓機能障害の方 自立支援医療(更生医療)意見書(じん臓機能障害者用) [PDFファイル/223KB]

有効期間

「身体障害者更生相談所」で認められた期間

申請窓口

障害福祉課、山陽総合事務所市民窓口課国保福祉係

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)