ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画政策課 > パブリックコメント(行改大綱&アクションプラン(案))

本文

パブリックコメント(行改大綱&アクションプラン(案))

行政改革大綱&アクションプラン(案)についてパブリックコメントの結果をお知らせします

パブリックコメントの実施結果

件名

行政改革大綱&アクションプラン(案)

意見募集期間

平成19年10月15日(月曜日)~平成19年11月14日(水曜日)

意見の件数

2件

市に寄せられた意見と市の考え方

お寄せいただいた意見(概要) 市の考え方(対応)

【具体性に欠けている】
具体的な目標数値を立て、これに対し具体的手段を考え、その後アクションプランを作成すべきである。

現段階で目標数値を具体的に提示するのは困難ですが、アクションプランの進行管理をわかりやすく実施していくため、各項目への実際の取組みに際しましては、目標数値を設定して取り組んでまいります。
その目標数値は、単に財政的な効果額のみならず、項目によって様々な指標となることが予想されますが、いずれも事前に設定した目標に対する取組結果を検証していきます。
【「市職員の通勤における公共交通機関等の利用促進」の新設】
地球温暖化防止対策、高齢化社会および自治体財政危機への対応として、改革項目に「市職員の通勤における公共交通機関等の利用促進」を入れるべきである。
また、職員駐車場の縮小・廃止・有料化、マイカー通勤手当の削減などを実施し、公共交通機関を職員が率先して利用することで、路線バスの運行補助金等の軽減効果もある。
市職員のマイカー通勤の自粛につきましては、地球温暖化防止対策を目的とした山陽小野田市率先実行計画の行動マニュアルに毎月の「ノーマイカー通勤の日」を定め、エネルギー使用の節約と公共交通機関の利用促進に努めております。
また、職員駐車場の有料化につきましては、アクションプランの「受益者負担適正化の徹底」という項目において利用料金の徴収開始を掲げており、早期の実施に向けて現在検討中です。

公募内容

行政改革大綱&アクションプラン(案)とは

他の自治体に比べ、大幅な財源不足にある本市において、「行政改革」への早期の取組みは合併以来、急務の課題の一つです。しかし、「行政改革に積極的に取り組みます」と言うだけでなく、「具体的に何をするのか。その結果、どうなるのか」という部分については、多くの市民に理解してもらう必要があります。そこで、あらかじめ取り組む上での理念を「行政改革大綱」で定め、具体的な内容、時期等を「アクションプラン」で示し、市民のみなさんに公表いたします。

行政改革大綱&アクションプラン(案)

意見等の提出先

〒756-8601
山陽小野田市日の出一丁目1番1号
行政改革課
Tel:0836-82-1135
Fax:0836-83-2604
E-mail :gyokaku@city.sanyo-onoda.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)