ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 自治基本条例 > 制定までの取り組みについて

本文

制定までの取り組みについて

 自治基本条例とは?

 自治基本条例は、市民・議会・市が一緒になって知恵を出し合い、創意工夫しながらまちづくりを進めるための「基本的なルール」です。
 山陽小野田市は、市民が主役のまちづくりを進めています。市民が主役のまちづくりの実現のためには、市民一人ひとりがまちづくりに関心を持ち、積極的に市政に参加し、市及び議会と協働してまちづくりに取り組んでいただくことが必要です。
 自治基本条例は、その道しるべとなる市政運営の最も尊重すべき規範であるとの考えのもと、平成19年以降、多くの方のご協力をいただきながら、この条例の制定に取り組んできました。
 まちづくりの主役は市民のみなさんです。市民の皆さんに自治基本条例に親しんでいただき、条例が制定された後も、みんなでこの条例を守り、育てていただきますようよろしくお願いします。

  • みんなでつくろう!山陽小野田市自治基本条例(仮称)(pdf:354KB)

    制定までの経緯について

    会議概要について

     「自治基本条例をつくる会」の会議概要はこちらからご覧ください

  • Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)