ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 納税方法 > 地方税共通納税システムの運用開始

本文

地方税共通納税システムの運用開始

地方税共通納税システムの運用開始

 地方税共通納税システムとは、すべての都道府県、市区町村へ、自宅や職場のパソコンから電子納税ができる仕組みで、令和元年10月1日から利用できます。

納税できる税金の種類

・法人市民税

・個人住民税(特別徴収分、退職所得分)
 

地方税共通納税システムのメリット

○ すべての都道府県・市区町村へ電子納税ができます。

○ ダイレクト納付(事前に登録した金融機関口座を指定して、直接税金を納付する方式)が可能です。

○ 金融機関窓口等へ出向く必要がなくなります。

○ 電子納税で納付事務の負担が軽減できます。

○ 手数料が無料です。

 

ご利用方法

1.利用届出 : eLTAX(エルタックス)のホームページから利用届出(新規)を提出してください。(提出済みの方は不要)

2.電子申告 : PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから申告書を作成・送信してください。

3.納付情報入力 : 納付する税金の種類や納付先などの情報を入力、またはCSVファイルの取り込みを行います。

4.納付方法選択 : インターネットバンキングまたはダイレクト納付を選ぶことができます。

5.納税 : 取引金融機関のネットバンキングや、事前に登録した口座から引落しされます。(即時または指定した日)

 

お問合せ先

地方税共通納税システムについての詳細は、eLTAXホームページをご覧ください。https://www.eltax.lta.go.jp/

 eLTAXヘルプデスク

  9時~17時(土・日・祝日、年末年始12月29日~1月3日は除く)

  電話番号:0570-081459

  上記の電話番号でつながらない場合:03-5500-7010