ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > ダニ媒介感染症に注意しましょう

本文

ダニ媒介感染症に注意しましょう

病原体を有するマダニ類やツツガムシ類に咬まれることによって,多くの病原体が媒介されることが知られています。
特に春先になると、これらの活動が活発になります。マダニが持つSFTSウイルスに感染し重症化すると死亡することも
ありますので,咬まれないように注意しましょう。

※このダニは,食品等に発生するコナダニや衣類、寝具に発生するヒョウヒダニ等、家屋内に生息するダニとは種類が異なり
ます。

 ダニ予防のポイント

  1. ダニに咬まれないことが重要です。
  2. 山や野原の他、公園、住宅地の庭などにも、ダニがいることがありますので、剪定や草取り等の際には注意してください。
  3. やぶや草むらなど、ダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴下・靴の着用等、肌の露出を少なくすることが大切です。
  4. 服は、明るい色のもの(マダニを目視で確認しやすい)がお薦めです。
  5. 虫除け剤の中には服の上から用いるタイプがあり、補助的な効果があると言われています。
  6. 屋外活動後にはダニに咬まれていないか確認してください。帰宅後すぐに服を着替えたり、体をシャワーで洗い流すと有効です。特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイントです。
  7. やぶ等で、犬や猫などの動物にダニが付くことがあります。除去には、目の細かいクシをかけると効果的です。ダニ駆除薬もありますので獣医師に御相談ください。

マダニに咬まれた場合

吸血中のダニに気づいた場合、自分でダニをつぶさず、医療機関(皮膚科)で処置してもらいましょう。また、マダニに咬
まれた後、数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状があった場合は医療機関を受診してください。

その他

「ダニ」にご注意ください(リーフレット) [PDFファイル/778KB]

ダニ媒介感染症(厚生労働省ホームページ)

ダニ媒介性疾患の予防について (山口県感染症情報センター

マダニ対策、今できること(国立感染症研究所)

*ダニの予防策に関するご相談は、山口県宇部健康福祉センターまでお問い合わせください。
宇部市常盤町2丁目3-28 Tel0836-31-3200

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)