ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険料の特別徴収(年金天引き)額を均等になるように調整します(令和4年度~)

本文

国民健康保険料の特別徴収(年金天引き)額を均等になるように調整します(令和4年度~)

特別徴収の平準化について 

 国民健康保険料の特別徴収(年金からの天引き)は、4月・6月・8月に「仮徴収」、10月・12月・翌年2月に「本徴収」として納めていただいています。このうち、4月・6月・8月に納めていただく保険料額(仮徴収)は、前年度の2月の保険料額と同額としています。

 しかし、世帯構成や収入の変動などで、仮徴収額と本徴収額の差が大きくなる場合があり、このまま仮徴収を行うと、1年間の保険料が前半(仮徴収)と後半(本徴収)で偏ったままとなってしまいます。そこで、仮徴収のうち、8月の保険料額を調整することにより、保険料が年間を通じてなるべく均等になるように調整(平準化)します。

※年間の保険料額は変わりません

「仮徴収」と「本徴収」について

仮徴収本徴収
4月6月8月10月12月2月
前年の所得が確定していないため、原則、前年度2月に天引きされた保険料の額と同額を納めていただきます。前年の所得の確定後、計算された年間保険料額から、仮徴収で納めた額を差し引き、残った額を4回に分けて納めていただきます。

 


平準化の方法

 平準化は、前年の所得をもとに8月以降の年金特別徴収額がほぼ均等になるように調整します。

※平準化により8月の年金特別徴収額が変更となる方については、6月中に通知いたします。

国民健康保険料特別徴収の平準化について [PDFファイル/470KB]

注意事項

  • 平準化はあくまでも1回当たりの天引き額を均等にするためのものです。平準化により8月の天引き額が変更となった場合でも、最終的な保険料の合計額は変わりません。
  • 仮徴収額と本徴収額の差が少ない方は対象となりません。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)