ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境課 > 環境衛生センターへのごみの持ち込み

本文

環境衛生センターへのごみの持ち込み


環境衛生センターへの家庭ごみの持ち込み

  • 剪定や引越しなどで多量のごみが出る場合は、環境衛生センターに持ち込むか、一般廃棄物収集運搬業者(下記の事業所一覧)に処理を依頼することができます。
     
  • 持ち込む場合は、市内に住所があることを証明できるもの(運転免許証等)をお持ちになり、環境衛生センター入口から入場して、計量棟で受付をしてください。
    1日に20kgを超えると手数料(下記の持込料金表)がかかります。持ち込まれる場合は、それぞれの品目に分けてください。
     
  • 持ち込む量、方法によっては、現地確認を行います。事前に環境衛生センターにご相談ください。
     
  • 自己所有の家屋等の解体、リフォームを自らが行った際に発生した廃材を一時多量ごみとして持ち込むときは、受入れ制限があります。事前に環境衛生センターにご相談ください。

    例1.木材は金属類を全て取り除き、長さ50cm以内、直径15cm以内に裁断する。
    例2.ガレキ類、石こうボード、断熱材、窓ガラス、金属枠、鉄筋等は処理困難物として市の処理施設では受入れできません。

    家庭からの一般廃棄物の収集運搬を受託する事業所一覧 [PDFファイル/98KB]   
     

R1-650

受付時間

  • 平日(土・日・祝日・年末年始を除く) : 9時~12時、13時~16時

    ※午前は12時までに、午後は16時までに精算が終わるようにお願いします。
     
  • 第3日曜日 : 9時~11時30分

持ち込みができないごみ

  • ガソリン・灯油
  • 消火器・ガスボンベ等の危険物
  • 発炎筒
  • 医療用注射器
  • ピアノ
  • 耐火金庫
  • ボート
  • 農機具・漁具等
  • 農業・農業用資材(家庭菜園用を除く)
  • 改築等(日曜大工程度ものは除く)に伴う廃材・畳等
  • 太陽光発電設備・太陽熱温水器
  • 浴そう
  • 仏壇・墓石
  • マフラー・スポイラー・シート等の自動車部品
  • バッテリー
  • タイヤ(バイク・車用)
  • 自動二輪車(原動機付自転車を含む)
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

    ※その他「家庭ごみの出し方」に記載のない品目については、環境衛生センターにお問い合わせください。

持込料金

注意事項

  • 燃やせるごみでも、指定ごみ袋に入れる必要はありませんが、透明な中身の見える袋を使用してください。
  • 庭木の剪定枝及び木材の切れ端は、長さ50cm、直径15cm以内に切ってください。
    ひもでしばったり、ビニール袋に入れる必要はありません。
  • 資源ごみの持ち込みも、重量により料金をご負担いただきます。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)