ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 人権・男女共同参画 > 人権啓発 > インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

本文

インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

インターネットによりコミュニケーションの輪が広がり便利になる一方で、インターネットを悪用した行為が増えており、他人への中傷や侮蔑、無責任なうわさ、特定の個人のプライバシーに関する情報の無断掲示、差別的な書き込みなど、人権やプライバシーの侵害につながる情報が流れています。                                               インターネットを悪用することなく、お互いの人権を尊重した行動をとるようにしましょう。

インターネットによる人権侵害に遭ったときは

インターネットの掲示板などで誹謗中傷を受けたり、個人情報を掲載されるなど、個人の権利が侵害された場合、「プロバイダ責任制限法」により、被害者は特定電気通信役務提供者(プロバイダ)に情報発信者の開示請求や発信内容の削除請求を行うことができます。

市としてもインターネットによる人権侵害に対して、利用者間のモラル向上のための啓発活動を進めていきます。
また、インターネット上で人権侵害と思われる場合は、下記相談窓口をご利用いただくとともに、市民生活課人権・男女共同参画室へお知らせください。

法務省 インターネット人権相談受付窓口(外部リンク)

法務省 人権擁護局 (外部リンク)

総務省 違法・有害情報相談センター (外部リンク)

警察庁 サイバー犯罪対策 (外部リンク)