ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

婚姻届

必要なもの

必ず必要なもの

  • 婚姻届
  • 婚姻する当事者の戸籍謄本1通(届出地に本籍のない方のみ)
  • 夫と妻になる人の印判(朱肉を使用するもの)

該当者は次のものも必要です

  • 転出証明書(山陽小野田市へ引っ越しが終了し、同時に転入する方)
  • 国民年金手帳
  • 国民健康保険被保険者証

届出地

夫または妻になる方の本籍地、住所地、所在地のいずれかの市区町村役場(山陽小野田市に届出する場合は市役所市民課、山陽総合事務所、南支所、埴生支所、公園通出張所へ)

届出人

夫になる人、妻になる人(窓口に来られるのはどちらか1人、又は代理人でもかまいません。)

その他(注意事項)

  • 婚姻要件は、男性18歳以上、女性16歳以上です。20歳未満の方が婚姻する場合は、父母の同意が必要です。女性は離婚後100日は婚姻できません。
  • 婚姻届には、成人の証人が2人必要です。必ず自筆で記入してください。
  • 同一姓の方が押印するときは、別々の印判を押印してください。
  • 戸籍謄本は3か月以内のものを用意してください。
  • 届出のときは、運転免許証、個人番号カードなどの本人を確認できる書類を持参してください。市役所市民課・山陽総合事務所・南支所・埴生支所・公園通出張所の窓口で、受付の際に、窓口に来られた方の本人確認をさせていただきます。〔運転免許証、個人番号カードなどをお持ちでないなどのため、本人確認できなかったときは、後日、市から届出を受理したことを当事者本人に書面でお知らせします。(使者や郵送、執務時間外による届出の場合も同様。) 〕
  • 休日、祝日は住所変更の届出はできません。開庁時に窓口で手続きしてください。
  • 休日、祝日に届出する方は、事前に開庁時に届出書の確認をさせてください。