ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

戸籍届出時の本人確認について

戸籍の届出について

平成20年5月1日から、「戸籍法」が改正され、婚姻、養子縁組などの戸籍届出について、窓口に来られた方の本人確認が法律で義務付けられました。
運転免許証、個人番号カードなどの本人を確認できる書類をお持ちください。

全国的に本人の知らない間に、第三者によって婚姻などの届出がなされるという、虚偽の戸籍の届出が発生し、社会的な問題となっています。
この事件により、被害に遭われた方やそのご家族には多大な苦痛を与えることになり、戸籍の記載の真実性をも損ないかねない状況が生じております。このような事件を未然に防ぐため、窓口に来られた方の本人確認を行います。

つきましては、次のことについて、皆さんの御理解と御協力をお願いします。

  1. 婚姻・養子縁組等の届出には、なるべく当事者(例えば婚姻の場合、夫・妻となる人)が来庁してください。
  2. 届出のときは、運転免許証、個人番号カードなどの本人を確認できる書類を持参してください。市役所市民課・山陽総合事務所・南支所・埴生支所・公園通出張所の窓口で、受付の際に、窓口に来られた方の本人確認をさせていただきます。
  3. 運転免許証、個人番号カードなどをお持ちでないなどのため、本人確認できなかったときは、後日、市から届出を受理したことを当事者本人に書面でお知らせします。(使者や郵送、執務時間外による届出の場合も同様。)
  4. 当事者自身が窓口に来たことが確認できない場合には、婚姻、養子縁組などの戸籍届出を受理しないよう、あらかじめ市長に申出することができます(以下「不受理申出」といいます。)。不受理申出及びその取下げは、市の窓口で行ってください。その際に、本人確認をさせていただきますので、運転免許証、個人番号カードなどの本人を確認できる書類を持参してください。
対象となる届出婚姻、協議離婚、養子縁組、協議離縁、認知
本人確認に使用する書面運転免許証、個人番号カード、その他官公署の発行した証明書(有効期間内のもの)