ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

住民基本台帳の閲覧

「住民基本台帳の一部の写し」の閲覧制度

住民基本台帳法では、以下の場合に「住民基本台帳の一部(住所、氏名、生年月日、性別)の写し」の閲覧を請求・申出することを認めています。

国又は地方公共団体の機関

  • 法令で定める事務の遂行のために必要である場合

上記以外の個人又は法人

  • 統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究のうち、公益性が高いと認めれるものの実施のために必要である場合
  • 公共的団体が行う地域住民の福祉向上に寄与する活動のうち、公益性が高いと認められるものの実施のために必要である場合
  • 営利以外の目的で行う居住関係の確認のうち、訴訟の提起、その他特別の事情による居住関係の確認として市長が認める場合

閲覧受付方法

1.閲覧の予約
  閲覧希望日(土・日曜日、祝日を除く)を電話または、郵送で受付を行います。

2.必要書類
(1)住民基本台帳閲覧申出書等(下のリンク先からダウンロード)
(2)閲覧する方が本人かどうかを確認できる書類(免許証、旅券など)
(3)申請事由のわかる書類
(4)法人の場合は、法人登記簿謄本、プライバシーポリシーなど
 (5) 委託を受けている場合は、委託を受けた旨を証する書類

3.閲覧時間帯
   閲覧時間 午前8時30分~12時00分、午後1時00分~5時15分
※必要書類や閲覧日時について、詳しくは、市民課までお問い合わせください
 

手数料

閲覧1件につき200円

閲覧の拒否

1.閲覧対象の市民を特定しない請求は、公益上必要と認める場合を除き拒否します。
2.そのほか正当な理由がない閲覧について拒否します。
※DVやストーカー被害者など、身体に危害を受けるおそれがある人を保護するため、被害者から申出が提出されている場合は、閲覧台帳から除いてあります

閲覧申出書 [PDFファイル/104KB]

誓約書 [PDFファイル/92KB]

記録用紙 [PDFファイル/81KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)