ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・産業・観光 > 産業振興 > 農業 > 農地の売買・賃貸借・使用貸借

本文

農地の売買・賃貸借・使用貸借

農地を農地として(耕作目的)で所有権移転(売買、贈与)したり、賃貸借、使用貸借する場合においては農地法第3条により農業委員会または、都道府県知事の許可(譲受人、借受人が市外在住者の場合)を受ける必要があります。

  • 取得、借入後のすべての経営面積が30アール以上(別段面積)になることが必要です。(特例あり)
  • 継続して耕作する技術、能力があることが必要です。

なお、農業経営基盤強化促進法に基づき農地等について権利の設定移転を行なう場合には許可は不要です。

締切

毎月 月末(土、日、祝日の場合は前倒しとします。)

※令和元年10月分の申請締め切りは 9月 30日 月曜日です。

※令和元年11月分の申請締め切りは 10月 31日 木曜日です。

農業委員会へご相談ください!

申請から許可について [PDFファイル/99KB]

申請様式

農地法第3条許可申請書 [Wordファイル/31KB]

農地法第3条許可申請書 [PDFファイル/307KB]

必要書類一覧 [PDFファイル/73KB]

記入要領

許可申請書記入要領 [PDFファイル/179KB]

営農計画書記入要領 [PDFファイル/115KB] 

耕作証明書記入要領 [PDFファイル/96KB]

審査の方法

   受付

    ↓

   現地立会(毎月5日前後)

    ↓

   農業委員会総会で承認(毎月10日前後)

    ↓

   許可

 窓口備え付けの資料

  ・ 許可のポイント

  ・ 申請書記入マニュアル

  ・ 必要書類一覧

標準処理期間

  ・ 3週間(例外的に県知事が許可権者となる場合は4週間加算)

受付、申請場所

山陽小野田市農業委員会事務局(山陽総合事務所1階)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)