ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 選挙 > 子どもと一緒に投票に行くことができます

本文

子どもと一緒に投票に行くことができます

 

将来を担う子どもたちに、早い段階から社会の一員、主権者としての自覚を持ってもらうことは重要であると考えられます。

選挙人が子どもを投票所に連れて行くことは、現実に投票している姿を子どもに見せることができ、家庭で選挙や投票のことを話し合うきっかけになるなど、将来の有権者への有効な啓発につながるものと考えられます。

このことから、平成28年の公職選挙法の改正により、投票所には、選挙人と一緒に18歳未満の子どもも入ることができますので、ぜひ、子どもと一緒に投票に行きましょう。

 

投票所内で18歳未満の子どもを同伴するに当たっては、次のルールを守ってくださいますようお願いいたします。

・投票所内で投票について選挙人と相談したり、大声で騒いだりしないこと。

・他の選挙人の投票をのぞき見ないこと。

・同伴する選挙人から離れて歩き回ったり、また、選挙人が既に退出しているにもかかわらず投票所に不必要にとどまったりしないこと。

・同伴者が選挙人に代わって投票用紙に候補者名等を記入しないこと。

 

※投票所の中が混み合っている場合や、子どもが大声を出したり走り回ったりしているのを放置している場合など、投票所内の秩序・静穏を保持することができなくなるおそれがある場合は、入場をお断りすることがあります。

 

親子連れ投票に係る周知チラシ(総務省) [PDFファイル/6.67MB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)