ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習・スポーツ > 生涯学習・社会教育 > 令和4年度(令和5年)以降の山陽小野田市成人式について

本文

令和4年度(令和5年)以降の山陽小野田市成人式について

令和4年度(令和5年1月開催予定)以降の成人式について

成年年齢を20歳から18歳に引き下げる「民法の一部を改正する法律」が令和4年(2022年)4月1日から施行され、成人となる年齢が18歳に引き下げられました。

それに伴い、令和4年度(令和5年1月開催予定)から成人式の名称を「山陽小野田市二十歳のつどい(はたちのつどい)」に変更いたします。

その他、本市の成年年齢引き下げ後の成人式のあり方については以下のとおりです。

対象年齢は「20歳」とします

【理由】 18歳という年齢は、多くの人が進学や就職といった人生の選択を迫られる極めて多忙な時期であり、この時期に成人式を開催することは、本人にも家族にも大きな負担となります。
 参加者本人や家族も含めて落ち着いた環境で参加することができ、家族や旧友、地域社会とのつながりをしっかりと確認できるよう、市では成年年齢引き下げ後も、20歳での成人式開催を継続します。
※ 18歳を対象とした式典等は開催しません。

日程について

日程については現行の1月(成人の日の前日)を予定しています。