ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

軽自動車税の課税


軽自動車税は、原動機付自転車、2輪の小型自動車、軽自動車(2輪の軽自動車を含む)、小型特殊自動車の所有者に対してかかる税です。

軽自動車税を納める人(納税義務者)

毎年4月1日現在、軽自動車などを所有している人

軽自動車税税率表

車  種税率(年額)
原動機付自転車
 50cc以下(ミニカーを除く)2,000円
 50ccを超え90cc以下2,000円
 90ccを超え125cc以下2,400円
 ミニカー3,700円
2輪の軽自動車
 125ccを超え250cc以下3,600円
2輪の小型自動車
 250ccを超えるもの6,000円
小型特殊自動車
 農耕用(トラクターなど)2,400円
 その他5,900円

 

       車  種                         税率(年額)
最初の新規検査が平成27年3月以前の車両最初の新規検査が平成27年4月以後の車両(グリーン化特例を除く) 最初の新規検査を受けてから13年を経過した車両(重課) 
軽自動車  三輪

     3,100円

        3,900円       4,600円
四輪以上 乗用 営業  用      5,500円        6,900円       8,200円
 自家用     7,200円       10,800円      12,900円
貨物  営業用     3,000円        3,800円       4,500円
 自家用     4,000円        5,000円       6,000円

※最初の新規検査とは、自動車検査証の「初年度検査年月」のことです。

 重課の適用年度

 初年度検査年月重課の適用年度 
 ~平成14年12月 平成28年度~
 平成15年1月~平成16年3月 平成29年度~
 平成16年度 平成30年度~
 平成17年度 平成31年度~

 

グリーン化特例(軽課)

  平成29年度税制改正によって、軽四輪車等のグリーン化特例(軽課)について、適用期限が2年間延長されました。

  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車で、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成30年度の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。
     
  • 平成30年4月1日から平成31年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車で、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成31年度の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。
        車  種                   税率(年税額)
 (1)税率を概ね75%軽減(2)税率を概ね50%軽減  (3)税率を概ね25%軽減
軽自動車  三輪     1,000円     2,000円     3,000円
四輪以上 乗用 営業用      1,800円     3,500円     5,200円
自家用     2,700円     5,400円     8,100円
貨物営業用     1,000円     1,900円     2,900円
自家用     1,300円     2,500円     3,800円

 

  グリーン化特例に関しての詳しい内容は、国土交通省のホームページをご覧ください。 

 

 2輪の小型自動車及び3輪と4輪の軽自動車の納税通知書には、継続検査用(車検用)の納税証明書がついています。
この証明書は、領収印が押されると証明書として使用できます。車検を受ける際には、この証明書が必要となりますので、車検証とあわせて保管してください。