ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > まちづくり・住まい > 住宅 > ゆれやすさマップ(地震防災マップ)

本文

ゆれやすさマップ(地震防災マップ)

内容

ゆれやすさマップとは、地盤の状況とそこで起こりうる地震の大きさとの両面から、地域のゆれやすさを評価したものです。

活断層からの距離が近いほど、ゆれは大きくなります。距離が離れていても、表層地盤が軟らかいほど、ゆれは大きくなります。

このゆれやすさマップは、山陽小野田市に大きな影響を及ぼすといわれる菊川断層で、マグニチュード7の地震が起きたとき、山陽小野田市内で発生するゆれの強さ(震度)を予測し、地図上に示したものです。

マップで、ご自分が住んでいる地域のゆれの強さを確認しましょう。そのゆれにあなたの家は耐えられるでしょうか?地震による人的被害の多くは、壊れた建物の下敷きになったことが原因といわれています。

あなたやご家族の大切な命を守るため、耐震診断で家の強度を確認し、必要に応じて耐震改修を行いましょう。

山陽小野田市ゆれやすさマップ

  • 山陽小野田市ゆれやすさマップ(マップ面)<<PDF:3.0MB>>
  • 山陽小野田市ゆれやすさマップ(学習面)<<PDF:1.6MB>>
  • 誰でも出きるわが家の耐震診断<<PDF:1.94MB>>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)