ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

社会資本総合整備計画

会資本総合整備計画(社会資本整備総合交付金)

平成22年度から地方公共団体は、活力創出、水の安全・安心、地域住宅といった政策目標を実現するため社会資本総合整備計画を作成し、目標実現のための基幹的な事業のほか、関連する社会資本整備等を一体的に行うこととなりました。

これらの事業を支援するため「社会資本整備総合交付金」が創設され、これまでの個別補助金が原則一つの交付金へ一括化されたことにより、地方公共団体は自由度が高く効果的な事業を進めることができるようになります。

社会資本総合整備計画の公表

水の安全・安心分野における下水道事業を実施するため、社会資本総合整備計画(平成27年度~平成31年度)を作成しましたので、事前評価と合わせて公表します。

社会資本総合整備計画の事後評価について

地方公共団体は、交付期間の終了時には、社会資本総合整備計画の目標実現状況などについて評価を行い、これを公表するとともに、国土交通大臣に報告することとなっています。

計画名称:山陽小野田市における誰もが安心で快適に暮らせるまちづくりの実現
計画期間:平成22年度~平成26年度

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)