ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

下水道普及状況

公共下水道の整備は、都市の健全な発達と公衆衛生の向上のために必要であり、市も限られた予算の中でこの事業の推進に努めています。

公共下水道の第一の目的は、皆さんに水洗便所を使って明るく衛生的な文化生活を送っていただくことです。公共下水道が整備された区域の方は、排水設備の取付及び水洗便所への改造をされますようご協力をお願いいたします。

行政人口に対する普及状況(山陽小野田市全体)

行政区域内人口(A)63,777人
処理区域内人口(B)33,865人
水洗化人口(C)30,613人
人口普及率(B÷A)53.1%
水洗化率(C÷B)90.4%
(平成29年3月31日現在)

    計画面積に対する普及状況(山陽小野田市全体)

    全体計画面積(A)2,845ha
    処理区域面積(B)1,050ha
    面積整備率(B÷A)36.9%

    (平成29年3月31日現在)※ha:ヘクタール