ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

障害基礎年金の請求

障害基礎年金は、国民年金の被保険者期間中または60歳以上65歳未満で、日本国内に住んでいる間に初診日(障害の原因となった病気やケガで初めて医療機関にかかった日)がある病気やケガで、国民年金法で定められた障害の状態になったときに支給されます。

受給要件

●初診日の前日において、前々月までの国民年金保険料を納めなければならない期間のうち、保険料を納付した期間と免除期間(若年者納付猶予期間、学生納付特例期間を含む)の合計が3分の2以上あること。

※初診日が平成38年3月31日以前にあるときは、特例として初診日の前々月までの1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。

●20歳未満のときに初めて医師の治療を受けた方が、障害の状態にあって20歳に達したとき、または20歳に達した後に障害の状態となったとき。

 

障害認定

●障害認定日(初診日から1年6か月を経過した日、またはその期間に症状が固定した日)において、障害の程度が法律で定められた障害等級の1級または2級に該当すること。

障害基礎年金の年金額(平成30年度) ※年額

1 級 障 害974,125円+「子の加算額」
2 級 障 害

779,300円+「子の加算額」

障害基礎年金を受給する方によって生計を維持されている子(18歳到達年度の末日までの子)、または障害の程度が法律で定められた障害等級(1級もしくは2級)に該当する20歳未満の子がいるときは、年金額に次の金額が加算されます。

1人目・2人目の子各 224,300円
3人目以降各   74,800円

請求の手続きに必要なもの

該当する障害の状態によって、必要書類が異なります。

請求先

国保年金課年金高齢医療係
初診日が第2号被保険者・第3号被保険者期間中の方は宇部年金事務所