ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

生活福祉資金

生活福祉資金貸付け制度とは

この制度は、低所得者世帯をはじめ、高齢者世帯や障害者世帯の方々のニーズに応え利用していただくもので、必要な資金の融資を他から受けることが困難な世帯が利用できる制度です。
あなたが住んでいる地域を担当する民生委員や社会福祉協議会が、申込みから償還まで総合的に応じ、しあわせな家庭を築いていただけるよう共に協力していこうとするものです。

対象となる世帯

低所得者世帯ちょっとした出費ですぐ生活がおびやかされ、生活困窮に落ちこむおそれがありますが、必要な援助や指導を受けることにより独立自立できる世帯です。
障害者世帯身体障害者手帳又は療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っておられる方が共に生活している世帯です。
高齢者世帯日常生活上、介護を要する65歳以上の高齢者が共に生活している世帯です。
※それぞれに所得制限があります。

貸付の種類

  • 更生資金 ⇒ 生業を営むために必要な資金技能を修得するために必要な資金
  • 福祉資金 ⇒ 転宅や障害を持っておられる方の自動車購入に必要な資金
  • 住宅資金 ⇒ 老朽化した家屋の改築・補修などに必要な経費
  • 修学資金 ⇒ 高等学校、高等専門学校、大学などの入学や修学に必要な資金
  • 療養・介護等資金 ⇒ 疾病などの療養や介護サービスを受けるために必要な資金
  • 緊急小口資金 ⇒ 医療費の支払や給与の盗難や紛失等緊急的かつ一時的に必要な資金
  • 災害援護資金 ⇒ 災害で住居や家財が被害を受けた場合の修復に必要な資金

貸付の条件

  • 連帯保証人(65歳未満)1名以上が必要です。
    ・原則として、申込者と同一市町村に居住していて、借受人と連帯して債務を負担し、熱意をもって借受世帯に協力する人でなければなりません。
    ・現在、生活福祉資金を借り受けておられる方は、連帯保証人にはなれません。
  • 災害援護資金は、県より利子補給となりますので、借受人は無利子となります。
  • 決められた期日までに償還されないと延滞した元金に対して、年10.75%の割合で延滞利子が加算されます。
  • 資金ごとの貸付限度額、償還期間及び貸付金利等、詳しいことはこちらをクリックしてください。⇒(別表(PDF形式)

申込方法

  • まず、あなたの住んでおられる地域の民生委員にご相談ください。
  • 社会福祉協議会に申込むことになります。

問い合わせ先

E-mail:shakai@city.sanyo-onoda.lg.jp

このページのトップにもどる

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)