ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

小野田浄化センター

所在地

山陽小野田市大字小野田字末広7525番地の2

沿革

昭和48年9月、し尿処理の広域化を進めるため、旧小野田市と旧楠町で一部事務組合を設立

昭和50年4月、し尿処理場を設置し、処理開始

  • 処理方式:海水希釈による高速酸化方式
  • 処理能力:70kl/日
  • 施工業者:三菱重工業株式会社

平成元年11月、昭和50年設置の施設の老朽化や、浄化槽汚泥の増加に伴い、新たにし尿処理場(「浄化センター」)を設置

  • 処理方式:高負荷脱窒素処理
  • 処理能力:90kl/日(生し尿60kl/日、浄化槽汚泥30kl/日)
  • 施工業者:株式会社 三井三池製作所(当時)

平成19年3月31日をもって、一部事務組合を解散し、平成19年4月1日から「小野田浄化センター」として稼働中。