ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

スプレー缶等の処分について

スプレー缶(エアゾール缶)、カセットボンベ、使い捨てライターの処分について

必ず中身を使い切って出してください

中身が残ったまま捨ててしまうと危険です!

スプレー缶、カセットボンベ、使い捨てライターの中には、可燃性ガスが含まれています。中身が残ったまま他のごみと一緒の袋で出されてしまうと、ごみ収集車の中で押しつぶされ、漏れた可燃性ガスに、ほかのごみ同士の摩擦による火花が引火し、火災が発生します。

パッカー車写真

【写真:山陽小野田市で発生したスプレー缶が原因の火災】

中身を出してかんに穴を開けましょう

中身の有無を確認しましょう

  • 振って中の音を確認してください。中身のガスが残っていると「シャカシャカ」と音がします。

中身の出し方

  • 広場などで風のある日に、シューッという音がしなくなるまで、スプレーボタンを押すなどして中身を出し切ってください。
    屋内で中身を出すと、台所のシンク内にガスがたまって引火事故が発生し、大変危険です。
  • 中身排出機構、残ガス排出機構があるものは、かんの側面に記載してある方法にしたがって、キャップ、ボタン等を使って中身を出し切ってください。

穴の開け方

  • 穴を開けるときは、中身が噴出すおそれがあるので、顔から遠ざけて、静電気が発生しないよう気を付けて、火花が出ない程度の強さで開けてください。缶切りや市販の穴あけ器などを使って穴を開けることが出来ます。くぎやドライバーを使って開ける際はケガに注意してください。。

ごみの出し方

スプレー缶、カセットボンベ

  • 収集作業員が他の缶と区別できるように、別の袋に入れて「空かん」に出してください。

使い捨てライター

  • 他のごみとは別の透明な袋に入れて「危険ごみ」と表示し、「燃やせないごみ」に出してください。

 

ごみ収集車やごみ処理施設での爆発事故や火災などが起きないようにご協力をお願いします。

ガスの抜き方について、詳細は下記のリンクをご覧ください

  • 中身排出機構、残ガス排出機構のキャップ、ボタン等を使って中身を出し切ってください。
    詳細はこちら→http://www.aiaj.or.jp/mechanism.html(社団法人日本エアゾール協会)
    PDF版はこちら→PDFファイル:3.4MB(社団法人日本エアゾール協会)
    (エアゾール缶の中身排出機構、残ガス排出機構のキャップ、ボタン等の使い方及び使用例)
  • カセットボンベは中身排出機構のキャップ、ボタン等は付いておりません。
  • ※カセットボンベを使い切れないものや、カセットボンベの処理の方法など詳しいことは、
    カセットボンベお客様センターまで、お問い合わせください。
    電話番号:0120-14-9996(社団法人日本ガス石油機器工業会カセットボンベお客様センター)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)