ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域経済の活力UP > 本市の産業構造

本文

本市の産業構造

 山陽小野田市の産業は化学、医薬品、窯業、鉄鋼等様々な分野の優良企業が立地しており、工業出荷額も県内第3位と瀬戸内工業地域の一角を担う県内有数の工業都市です。

平成28年工業統計調査
 市名出荷額(万円)
1位周南市110,063,000
2位防府市    98,807,240
3位山陽小野田市56,655,497

山陽小野田市の産業の歴史

民間初のセメント製造会社を設立

 笠井順八翁は、1881年(明治14年)に日本で初めて民間のセメント製造会社となる『小野田セメント製造会社』をつくり、初代社長となった人です。1980年(昭和55年)には名誉市民第1号になりました。現在の小野田線にあたる鉄道の建設にも尽力し、山陽小野田市の礎を築きました。

笠井順八

 

小野田セメント製造

明治16年頃の小野田セメント製造会社

小野田セメント

今は社名が変わって太平洋セメント株式会社となっています。

国の重要文化財 徳利窯

お酒を入れる「とっくり」と形が似ているので、「徳利窯」と呼ばれるようになりました。この窯で石灰石と粘土を焼いて、セメントを造りました。ここから、山陽小野田市が工業のまちとして発展していったのです。

徳利窯

作ったセメントは樽に詰めて近くの港から各地に出荷されていました。「せめんだる」は、もなかを樽に、セメントを餡に見立てた山陽小野田市を代表する銘菓です。

せめんだる

小野田セメントは、全国的にも有名な会社になり、多くの人がセメント工場で働いていました。工場の周りはとてもにぎわっていたことから、地名にも使われるようになりました。

看板

 

炭鉱で栄えた街 山陽小野田

 山陽小野田市は、江戸時代初期から昭和中期頃まで、数多くの炭鉱を有し、炭鉱の街として栄えてきました。 

本山炭鉱  本山炭鉱斜坑坑口(大須恵)

 石炭は、セメントを作るために必要なものです。

日本舎密製造株式会社(現日産化学株式会社)

 笠井順八翁が熱心に誘致をしたことで、1891年(明治24年)に小野田工場が操業開始し、硫酸が作られるようになりました。そこで作られた硫酸は頑丈な「硫酸瓶」に入れて、全国各地に運ばれました。現在は、農薬や殺虫剤、医薬品原薬を主に製造しています。

食塩と硫酸から硫酸ナトリウムを製造していました。

塩酸吸収塔は日本化学会の第 1回化学遺産に認定されています。

塩酸吸収塔

小野田セメント製造会社と同じように、硫酸町という地名がつきました。

バス停

日本初の産業用火薬メーカー 日本火薬製造株式会社(現日本化薬株式会社)

 1916年(大正5年)に操業を始めました。日本で初めて民間でのダイナマイト製造を行い、トンネルやダム等の工事に使用されていました。近年は紙おむつの吸収材やスマートフォンの小さな部品などを製造しています。

1916年頃の厚狭工場 1916年頃の厚狭工場

赤レンガ倉庫 赤レンガ倉庫

バス停2 会社の周辺は火薬町という地名になっています。

西日本有数の規模の石油基地

 昭和30年代後半のエネルギー革命により、石炭産業が衰退して炭鉱の閉山が相次ぎ、人口の減少などにより財政は重大な危機に直面した。このような状況下、山陽小野田市(旧小野田市)では、産業構造の転換を目的として工業団地の造成を推進し、地域住民一体となって企業誘致に邁進してきました。

 その象徴が西部石油株式会社の誘致です。

 西部石油