ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 不二輸送機ホール(山陽小野田市文化会館) > 令和元年度子ども文化ふれあい事業「アンドレ・アンリ トランペット演奏会」を開催しました

本文

令和元年度子ども文化ふれあい事業「アンドレ・アンリ トランペット演奏会」を開催しました

子ども文化ふれあい事業とは

市内の全小学校6年生を招いて、多様なアーティストによるハイレベルな芸術文化に間近に触れ、豊かな感性と創造的な視点を養ってもらうため、毎年開催しています。

アンドレ・アンリ トランペット演奏会

7月5日(金曜日)に市のマスコットキャラクター「ねたろう君」に迎えられ、市内全小学校6年生583名が来館。

公演が始まると会場はトランペットとピアノによる美しいハーモニーに包まれました。

ねたろう君

公演の様子

トランペット体験

特別イベントとして、代表児童6名によるトランペット体験が行われました。

全員がトランペット未経験者で初めは音をなかなか出すことができませんでしたが、アンドレ・アンリさんに音出しのコツを教わると、最後には音を出すことができました。

体験をした児童は「初めて吹いたけど、音が出てうれしかった」「とてもおもしろかった。トランペットに興味が湧いた」「トランペットを始めてみたい」という感想を聞かせてくれました。

トランペット体験

トランペット体験

トランペット体験

質問コーナー

公演の終盤。世界的に有名なトランぺッターのアンドレさんに興味津々な小学生は元気いっぱいに手を上げ、さまざまな質問を繰り出していました。

 

トランペットっていくらするの?

トランペットを吹いているときはどんな気持ちですか?

トランペットは何種類あるの?

コンサートの前はどのくらい練習するの?

年収はいくらですか?

トランペットをやめたいと思ったことはありますか?

 

ひとつひとつの質問に対するアンドレさんの真摯な答えに、会場は驚きや笑いに包まれ、なごやかな雰囲気で演奏会を終了しました。

質問コーナー

質問コーナー