ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険高齢受給者証について

本文

国民健康保険高齢受給者証について

高齢受給者証について

  • 70歳になった翌月(1日生まれの人はその月)から後期高齢者医療制度の適用を受けるまでの間、高齢受給者証を交付します。この高齢受給者証には、医療機関での自己負担割合(2割(特例措置により1割)または2割または3割) が明記されていますので、医療機関にかかるときにはこの高齢受給者証と保険証の両方を提示してください。