ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心ガイド > 防犯・安全 > 防犯 > 令和4年度山陽小野田市防犯外灯設置補助事業

本文

令和4年度山陽小野田市防犯外灯設置補助事業

令和4年度防犯外灯設置事業実施要領について

◆ LED灯化はお済みですか?

令和4年度から、「LED灯化促進分」は、年間を通じて申請いただけます。
LED灯には(1)寿命が長い(2)電気代が節約できる(3)虫が寄り付きにくい等のメリットがあるため、蛍光灯や水銀灯などの外灯は、LED灯に取り替えをご検討ください。

 

  〇令和4年度防犯外灯設置補助事業(LED灯化促進事業)

  (注)端数は、100円未満を切り捨てとする

区分

種 別

補  助  額

新設

器具

LED灯

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき23,000円を限度とした実績額とする。

蛍光灯等

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき15,000円を限度とした実績額とする。

柱1本につき20,000円を限度とした実績額とする。※防犯外灯の設置に必要な場合のみ

修理

器具

LED灯

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき12,000円を限度とした実績額とする。

蛍光灯等

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき8,000円を限度とした実績額とする。

 柱

柱1本につき10,000円を限度とした実績額とする。

LED灯化促進分

防犯外灯1灯分器具一式の設置費につき12,000円を限度とした実績額とする。

年度中の申請数の制限について

 補助制度の効率的な運用を図るため、年度中の申請制限を次のとおり実施します。
 

 〇令和4年度における年度中の申請制限

 【新 設】

種別

年度中の申請制限

器具

LED灯

3灯まで

蛍光灯等

3本まで

 

 【修 理(緊急修理)】

種別

年度中の申請制限

世帯数が100世帯以下の自治会等

世帯数が101から200世帯までの自治会等

世帯数が200世帯以上の自治会等

器具

LED灯

6灯(本)まで

8灯(本)まで 

10灯(本)まで

蛍光灯等

※ただし、特別な事情がある場合は、この限りではありません。

※基準となる世帯数は、各自治会から報告していただく世帯数とし、その基準日は令和4年4月1日とします。

 【LED灯化促進分】

種別申請制限受付期間
器具LED灯なし令和4年度から通年で受付

 

申請・受付要領について

(1)新設する場合

○申請は、必ず工事の実施前に行ってください(事前申請)。

○年度中の申請制限数1自治会当たり3灯(本)の範囲内で申請してください。

○申請は、年度間を通して随時受付け、先着順で交付を決定します。

○予算が不足する場合は、交付決定を留保することがあります。

(2)器具の故障により修理(緊急修理)する場合

○申請は、原則1回の申請につき1灯までとします。

○器具の故障により緊急に修理する場合に限り、工事の実施後に申請できるものとします(事後申請可)。ただし、工事実施後30日以内に申請をしてください。この期限を超えた場合は、申請を受付できないことがあります。

○申請は、年度間を通して随時受付け、先着順で交付を決定します。

○予算が不足する場合は、交付決定を留保することがあります。

(3)防犯外灯LED灯化促進分として、器具一式を交換する場合

○申請は、必ず工事の実施前に行ってください(事前申請)。

令和4年度から、「LED灯化促進分」は、年間を通じて申請いただけます。