ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校給食センター > 全国学校給食週間について

本文

全国学校給食週間について

1月24日~30日は全国学校給食週間です。

 毎年1月24日から1月30日までは「全国学校給食週間」です。
 「全国学校給食週間」は、戦後に米国からの援助により、学校給食が再開されたことを記念して定められたもので、学校給食の意義や役割について理解を深め、関心を高めることを目的としています。
 学校給食は、お弁当を持ってこられない子どもたちのために昼ごはんを提供したことに始まり、戦後、食糧が不足したときは、子どもたちの栄養を補う役割を果たしました。子どもの食生活が変化した現在では、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につけるための「生きた教材」としての役割を担っており、時代とともに、学校給食の意義や役割は変わってきています。
 山陽小野田市学校給食センターでは、「全国学校給食週間」の取組として、1月20日から学校給食の歴史に沿った特別献立を実施します。

【1月20日(木曜日)の献立】 明治22年(給食の始まり)
 ごはん 
 牛乳
 鮭の塩焼き
 すいとん汁
 たくあんのごま和え

【1月21日(金曜日)の献立】 昭和21年(戦後の給食)
 米粉パン レーズンクリーム 
 牛乳
 ミートボールのケチャップ煮
 ブロッコリーサラダ

【1月24日(月曜日)の献立】 昭和50年(米飯給食の始まり)
 麦ごはん
 牛乳
 ポークカレー
 コールスローサラダ
 ヨーグルト

【1月25日(火曜日)の献立】 昭和60年(給食によく出ていた鯨)
 わかめごはん
 牛乳
 鯨の竜田揚げ
 大平
 お茶目な大豆

【1月26日(水曜日)の献立】 現在(多様化した給食)ロシア料理
 ライ麦パン いちごジャム
 牛乳
 ビーフストロガノフ
 オリビィエサラダ