ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > シティセールス課 > 山口ゆめ回廊博覧会プレ事業の実施について

本文

山口ゆめ回廊博覧会プレ事業の実施について

 山口ゆめ回廊博覧会プレ事業の実施について

山口ゆめ回廊博覧会とは 

山口県央連携都市圏域(山口市、宇部市、萩市、防府市、美祢市、山陽小野田市、島根県津和野町)でおこなわれる多様なイベントの集合体です。あわせて美しい伝統・文化や自然、食などを紹介し圏域の魅力を全国に発信します。

山口ゆめ回廊博覧会公式ホームページ https://yumehaku.jp/

(別ウィンドウで開きます。)

開催時期

令和3年7月1日(木曜日)~12月31日(金曜日)

※プレ事業を令和2年10月1日(木曜日)~12月31日(木曜日)に実施します。

 

 

山陽小野田市のプレ事業実施イベントについて

山陽小野田市の主催事業としては、主に以下の3つのイベントを実施します。

ガラスアートフェス in 山陽小野田

 ガラスをコンセプトとしたまちづくりに取り組む山陽小野田市。市が所有するとっておきのガラス作品を市内10か所に展示し、市を象徴する様々なデザインのスタンプを押しながら市内を巡ります。スタンプをコンプリートした人には、抽選でガラス作品をプレゼントします!

○と  き 10月5日(月曜日)~12月25日(金曜日)※施設によって時間と休館日が異なります。

○と こ ろ きららガラス未来館、きらら交流館、おのだサンパーク、おのだサッカー交流公園、市民館、歴史民俗資料館、中央図書館、厚狭地区複合施設、観光農園「花の海」、不二輸送機ホール(文化会館)※スタンプラリーの台紙は各会場に備えています。

○応募方法 台紙の裏面にある応募用紙に必要事項を記入し、不二輸送機ホール(文化会館)に提出

→ ガラスアートフェスの様子はこちら

 

しのぶ恋、せつない恋、いちずな恋・・・大人の恋にあふれる小倉百人一首で「恋すてふかるた」

 本市にゆかりのある恋多き女流歌人・和泉式部にまつわる話を聴き、”恋の歌”限定のかるたを体験します。かるた初心者でもルールを説明するので楽しめます。かるた競技者女性最高位の永世クイーン、元クイーンのデモンストレーションもあります。

○と  き 11月15日(日曜日)、12月6日(日曜日)13時00分~16時00分

○と こ ろ 不二輸送機ホール(文化会館)

○定  員 各10人程度(先着順)

○参加料 3,500円(保険料含む)、袴を着ての体験の希望者は別で3,400円程度(キャンセル料あり)

○申込方法 各開催日の10日前までに、文化スポーツ推進課に電話、E‐mail、Fax等で申し込み

→ 「恋すてふかるた」の様子はこちら

 

地元産ジビエ肉と野菜を使ったスペシャルメニュー体験

 日本の夕陽百選に認定されている「きららビーチ焼野」に沈んでいく夕陽を眺めながら、地元産のジビエ肉と野菜を使ったスペシャルメニューを楽しみます。

 

(1)夕陽を見ながらビーチでジビエ肉や海産物のバーベキュー~竜王太鼓とジャズを聴きながら~

 日本の夕陽百選に認定されている「きららビーチ焼野」の沈んでいく夕陽を眺めながら、地元産のジビエ肉や海産物を使用したバーベキューを屋外で楽しみます。バーベキューと共に楽しめるソル・ポニエンテで人気のパエリャは、大鍋で調理し、味も格別!
食事の前に楽しむことができる「竜王太鼓」は、風雨順時(雨や風がいつの時も順調にくること)等を祈願し、竜王山で太鼓を叩いたことが始まりとされています。サンセットとともに太鼓を力強く叩く演奏者のシルエットやダイナミックな演奏は、非日常の空間に誘ってくれます。また、食事の終盤はジャズの生演奏で締めくくります。
食事提供店でもある「ソル・ポニエンテ」の建物は、東京オリンピックのメインスタジアム建築でも話題になった建築家 隈研吾氏の設計です。海と夕陽とライトアップされたおしゃれな建物に囲まれて、贅沢なひと時を過ごしてください。

○と き 10月25日(日曜日)17時20分~19時30分(受付17時00分~)

○ところ ソル・ポニエンテ屋外(雨天の場合は屋内)

○内 容 パエリャ、ジビエ肉や海産物等地元食材を使ったバーベキュー(ワンドリンク付き)

○申込期限 10月16日(金曜日)

※10月25日開催分は、好評につき満席となりました。

 

(2)夕陽を見ながらサンセットディナー~ガラス楽器の音色を聴きながら~

 日本の夕陽百選に認定されている「きららビーチ焼野」の夕陽を眺めながら、海辺のおしゃれなレストラン「ソル・ポニエンテ」でフルコースを堪能します。地元産の食材を使い、普段のコースよりデザートも充実!
また、山陽小野田市はセメントを代表として古くから窯業と深い関わりがあり、そのひとつである「ガラス」をコンセプトにしたまちづくりに取り組んできたことから、コース料理終盤には「Onodaグラスアンサンブル」によるガラスの楽器を使った生演奏を実施します。使用する楽器の中には、市内のガラス体験施設「きららガラス未来館」で制作されたグラスマリンバやグラスボール等もあり、食事をしながらガラスの織りなす音色を楽しむことができます。
「ソル・ポニエンテ」や近くにある「きららガラス未来館」の建物は、東京オリンピックのメインスタジアム建築でも話題になった建築家 隈研吾氏の設計のため、料理や音楽だけでなく、建物も一緒に楽しんでいただくことができます。

○と き 11月8日(日曜日)17時00分~19時00分(受付16時30分~)

○ところ ソル・ポニエンテ屋内

○内 容 地元産野菜等を使ったスペシャルコース料理(メイン2品(肉、魚)、豪華デザート付き)

○申込期限 10月30日(金曜日)

 

※(1)(2)ともJR小野田駅発着の無料送迎バス(先着12人)があります。

○定 員 各40人(先着順)

○申込方法 申込書に必要事項を記入し、シティセールス課に提出(電話、Fax、E‐mailでも可)

※申込書は以下からダウンロードできます。

食イベント

地元産ジビエ肉と野菜を使ったスペシャルメニュー体験 [PDFファイル/199KB]

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)