ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習・スポーツ > 生涯学習・社会教育 > 「思い出図書館 in 山下記念館」を開催します!

本文

「思い出図書館 in 山下記念館」を開催します!

昭和8年(1933年)に建てられた山下記念館(旧厚狭図書館)は、建築当時の背景や、その後地域に根付いた図書館としての役割が、現在も語り継がれています。
この長い歴史を讃え、地元まちづくり団体と企画をし「思い出図書館」を開催します。当時を知らない人も心惹かれる建物です。ぜひこの機会にお越しいただき、昔の風景に触れていただければと思います。

イベント日程

日時

令和3年3月6日(土曜日)・7日(日曜日) 9時~16時

場所 

山下記念館 (山陽小野田市大字郡1380-2 殿町三)

駐車場

殿町SL児童公園(臨時)

内容

懐かしい昔の風景・人・物に触れていただける貴重な機会です。

  • 昭和初期開館当時の写真、図書の展示
  • 蓄音機を使ったレコード鑑賞
  • 思い出の樹 制作(山下記念館の思い出などメッセージを貼っていこう!)

主催・共催

主催:山陽小野田市教育委員会(社会教育課・厚狭図書館・歴史民俗資料館)
共催:厚狭杜のまち、山陽小野田観光協会

注意事項

  • 検温・消毒・マスクの着用にご協力ください。
  • 体調の優れない方、発熱や咳などの症状のある方は入館をお断りします。
  • 館内段差が多くなっております。また、床板の反り等により、所々に小さな段差がございます。

無理のない範囲内でご見学ください。

 

チラシはこちら 思い出図書館 in山下記念館 チラシ [PDFファイル/549KB]

山下記念館とは

昭和7年9月、石束の山下美代蔵が、三重県上空で飛行演習中殉職した子息・陸軍航空兵中尉山下裕の菩提を弔うため、御下賜金の全額6,200円を図書館建設費として厚狭町へ寄付した。
直ちに工事が始められ、昭和8年(1933年)2月、厚狭小学校と隣接した地に鉄筋コンクリート2階建48坪の「山下記念町立厚狭図書館」が完成した。4月から専任の館長が任命され、広く一般の利用に供された。
当時人口僅か12,000余人の小さな町としては全国にもまれな図書館で、他に誇り得るものであった。昭和46年に至近の地を山陽新幹線が通ることになったため、昭和47年に移転し、図書館の役目を終えた。

(山陽町史より一部抜粋)

  外観

  1階

  2階

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)