ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 上下水道 > 下水道 > 合流式下水道緊急改善事業の事後評価について

本文

合流式下水道緊急改善事業の事後評価について

合流式下水道緊急改善事業の事後評価について

 合流式下水道緊急改善事業(小野田処理区)

 合流式下水道とは、雨水と汚水を同一管渠において排除する方式であり、山陽小野田市も小野田処理区の一部の地域において採用しています。
 近年、合流式下水道においては雨天時に汚水が雨水と同時に公共用水域に排出され、水質汚濁や公衆衛生上の観点から問題視されています。
 このことを踏まえて山陽小野田市では、平成21年度に「合流式下水道緊急改善計画」を策定するとともに平成23年度に水質汚濁を防止するための施設の建設に着手し、平成25年度に完成しました。

 合流式下水道緊急改善事業の事後評価結果

 合流式下水道緊急改善事業の完了に伴い、事業に対する事後評価を行いましたので、その結果を公表します。

 合流式下水道改善事業事後評価の概要[PDFファイル/5.11MB]

 事後評価シート [PDFファイル/192KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)