ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

退職者医療制度について

長い間勤めた会社や役所を退職し、厚生年金や共済年金を受けられる65歳未満の方とその被扶養者は、「退職者医療制度」で医療を受けることになります。

退職被保険者本人に該当する方(次の1と2すべてに該当する方)

1 国民健康保険に加入している方で、65歳未満の方

2 国民年金を除く、厚生年金や各種共済組合などの老齢年金、退職年金などの受給者で、その年金制度に通算20年以上加入、又は40歳以降に10年以上加入している方

被扶養者に該当する方(次の1から4のすべてに該当する方)

1 退職被保険者本人と生活を共にし、その収入によって生計を維持している方

2 国民健康保険に加入している方で、65歳未満の方

3 退職被保険者本人の3親等内の親族の方

4 年収が130万円未満の方(60歳以上か障がいのある方は年収180万円未満の方) で、退職被保険者の年収の2分の1未満の方

手続きに必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 年金証書やねんきん定期便など加入期間のわかる書類

受付場所

国保年金課国保係・山陽総合事務所・南支所・埴生支所・公園通出張所