ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心ガイド > 防災・消防 > 防災 > 水害対応タイムライン(防災行動計画)

本文

水害対応タイムライン(防災行動計画)

  山陽小野田市では、台風による洪水と梅雨前線による洪水を対象とした避難勧告の発令等に着目した

 水害対応タイムライン(防災行動計画)の試行運用を開始しました。

タイムラインとは

  災害発生に備えて、災害からの逃げ遅れゼロを目的として、 「いつ」、「誰が」、「何をするか」に着目して、

 防災行動とその実施主体を時系列で整理した計画をいいます。タイムラインでは災害時における、気象情報、

 河川管理者、市、住民等の行動の指針を定めています。

  住民の皆さんもタイムラインを参考に情報収集や避難の準備などを行ってください。

水害対応タイムライン

 台風による洪水 [PDFファイル/359KB]

 梅雨前線による洪水 [PDFファイル/358KB]

【概略版】水害対応タイムライン

 河川の洪水 [PDFファイル/171KB]

 土砂災害 [PDFファイル/171KB]

 台風高潮 [PDFファイル/169KB]

山陽小野田地域の山口県管理河川における大規模氾濫に関する減災対策協議会

  この協議会は、山陽小野田市内の県管理河川における局所的な集中豪雨や堤防決壊等による大規模な

 浸水被害に備え、関係機関が連携して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体的かつ計画的に

 推進するための協議・情報共有を行っています。

  水害対応タイムラインは、令和元年5月8日(水曜日)に行われた協議会において、試行運用を開始すること

 になりました。

 協議会委員

  山陽小野田市長

  気象庁 下関地方気象台長

  山口県 総務部 理事(危機管理担当)

  山口県 宇部土木建築事務所長

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)